星 貴之 (Takayuki Hoshi)

>> GO TO ENGLISH PAGE

T. Hoshi 小型超音波集束装置 超音波の話をしよう

〒466-8555 愛知県名古屋市昭和区御器所町 (21 号館 418 号室) [アクセス]
TEL/FAX: 052-735-7446
E-mail: star(at)nitech.ac.jp

博士 (情報理工学)
  • 東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻 システム情報第 3 研究室  (2003 年 4 月 〜 2009 年 3 月)
  • 熊本大学 大学院自然科学研究科 産業創造工学専攻機械知能システム講座 計測工学研究室  (2009 年 4 月 〜 2011 年 3 月)
  • 名古屋工業大学 若手研究イノベータ養成センター 情報通信分野 人間中心工学関連研究領域  (2011 年 4 月 〜 2016 年 3 月)
      佐野研究室と研究連携


  • 所属学会: 計測自動制御学会, 日本ロボット学会, 日本バーチャルリアリティ学会, 日本機械学会, 情報処理学会

    ・ 計測自動制御学会 九州支部 熊本地区委員長 (2010)
    ・ 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 触覚部会 委員 広報担当 (2011-)
    ・ 日本バーチャルリアリティ学会 ニューズレター編集委員会 委員 (2012-2015)
    ・ 日本バーチャルリアリティ学会 学会誌委員会 委員 (2014-)
    ・ 第 19 回日本バーチャルリアリティ学会大会 実行委員会 出版・WEB (2014)
    ・ ICAT-EGVE 2014 Demos Co-chair (2014)
    テニュアトラック教員による創発型交流会 WEB 担当 (2014-)
    ・ 日本バーチャルリアリティ学会 IVRC 実行委員会 広報担当 (2015-)



    ドキュメント

    [HTML] Borland C++ Compiler Install : BCC 関連のインストールと使い方 [2005/02/14]
    [HTML] Borland C++ Compiler Environment : BCC で GLUT、GLUI、OpenCV を使う [2010/12/01]

    [PDF] Tiny マイコンを使ってみよう! : R8C/Tiny 素人編 [2006/01/31]
    [HTML] R8C/Tiny 開発環境 : R8C/Tiny 入門編 〜HEW4 の使い方〜 [2006/02/28]
    [HTML] R8C/Tiny との語らい : R8C/Tiny 初級編 〜PC と通信させる〜 [2007/01/20]
    [HTML] R8C/Tiny の挑戦 : R8C/Tiny 中級編 〜最高速を求めて〜 [2007/07/22]

    [PDF] GLUT を使ってみよう! : かんたん 2D/3D グラフィック (サンプル) [2006/06/27]
    [PDF] 最急降下法を使ってみよう! : 数値解法のきほんの「き」 (サンプル) [2006/11/28]
    [PDF] 布の変形を記述してみよう! : 微分幾何学の初歩とその応用 [2007/04/24]
    [PDF] MEMS センサを覗いてみよう! : 加速度・角速度センサの原理と構造 [2007/06/19]
    [PDF] 四元数を使ってみよう! : 三次元回転の記述法 [2008/06/03]
    [PDF] GLUI を使ってみよう! : GLUT が GUI プログラムに変身 (サンプル) [2008/10/28]
    [PDF] gnuplot を使ってみよう! : 数式やデータを簡単にグラフ化 (サンプル) [2010/09/20]
    [PDF] DepthSense325 を使ってみよう! : 距離画像が撮れるカメラ (サンプル) [2012/11/28]

    [PDF] 解析信号の取扱説明書 : 振動・波動の複素数表示の注意点 [2009/11/02]
    [PDF] 抵抗とコンデンサ : 超入門!電子回路 〜受動素子〜 [2009/11/11]
    [PDF] 演算増幅器 : 超入門!電子回路 〜能動素子〜 [2009/11/12]
    [PDF] 抵抗とコンデンサ+α : 超入門!電子回路 〜ボーデ線図〜 [2010/06/28]
    [PDF] フーリエ変換の世界観 : フーリエ変換をイメージでとらえる [2010/07/26]
    [PDF] A/D 変換 : 標本化・量子化・符号化 [2010/08/02]
    [PDF] 級数展開の世界観 : 公式の意味するところを探る [2010/11/11]
    [PDF] レンズとフーリエ変換 : 物理現象としてのフーリエ変換 [2011/11/11]
    [PDF] 超指向性スピーカの理論 : 音のスポットライトの 3 つの原理 [2012/03/24]
    [PDF] フィルタの世界観 : アナログとディジタルと周波数空間 (PPTX) [2013/01/01]
    [PDF] D/A 変換 : 内挿関数・零次ホールド [2013/01/11]
    [PDF] D/A 変換+α : 周波数分布から関数を再現してみる [2013/01/13]

    [PDF] 発表資料作りの小技集 : Power Point, Word, Tex のテクニック [2005/11/15]
    [HTML] 静電容量型五百円玉センサ : 静電容量型センサの基礎と測り方 [2006/07/07]
    [HTML] この本を読めっ! : 研究生活の役に立つであろう本のリスト [2007/03/09]

    [Movie] 集束超音波を使って触れずに押す : 音響放射圧の利用 [2012/11/11]
    [Movie] 集束超音波をチョコレートに当ててみた : バレンタイン企画 [2013/02/14]
    [Movie] ミクが誕生日にろうそく消しに挑戦するようです : 初音ミク誕生祭 2013 (XVI Inc. に技術提供) [2013/08/31]
    [Movie] 超音波集束装置で only my railgun を演奏してみた HDDFDD にインスパイアされまして [2013/12/10]
    [PDF] 集束超音波年表 : 水中版から 10 年間の軌跡と関連研究 [2014/02/14]
    [Movie] DIY 音響浮揚装置を作ってみた : 市販の電子工作キットで浮揚実験 (型紙) [2014/03/24]
    [Movie] DIY 音響浮揚装置を作ってみた (第 2 報) : 市販の電子工作キットで浮揚実験 (STL) [2015/08/15]

    YouTube  ニコニコ動画  SlideShare  Togetter  Ustream  GoogleScholar  LinkedIn  researchmap  ResearchGate  DMM.make 

    Laser Works  メディア芸術祭  HuMANDATA  日本の研究.com 


    略歴

    2003 年 3 月 東京大学 工学部 計数工学科 卒業
    2005 年 3 月 東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻 修士課程修了
    2007 年 4 月 日本学術振興会 特別研究員 DC2 (〜 2009 年 3 月)
    2008 年 3 月 東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻 博士課程修了
    2009 年 4 月 熊本大学 大学院自然科学研究科 産業創造工学専攻機械知能システム講座 助教
    兼  熊本大学 工学部 機械システム工学科 助教
    2011 年 4 月 名古屋工業大学 若手研究イノベータ養成センター 特任教員 (テニュア・トラック助教)


    研究テーマ



    研究発表

    原著論文

    1. Yoichi Ochiai*, Kota Kumagai*, Takayuki Hoshi, Jun Rekimoto, Satoshi Hasegawa, and Yoshio Hayasaki: Fairy Lights in Femtoseconds: Aerial and Volumetric Graphics Rendered by Focused Femtosecond Laser Combined with Computational Holographic Fields,
      ACM Transactions on Graphics, vol. 35, article no. 17, 2016. (*Joint first authors) [PrePrint in arXiv.org] [ACM Digital Library]
    2. Hiroshi Shimizu, Takayuki Hoshi, Kenji Nakamura, and Jai-Eok Park: Development of a Non-contact Ultrasonic Pollination Device,
      Environmental Control in Biology, vol. 53, no. 2, pp. 85-88, 2015. [J-STAGE]
    3. Kazuya Kikunaga, Takayuki Hoshi, Hiroshi Yamashita, Masahiro Egashira, and Kazuhiro Nonaka: Development of a Technique for Measuring Static Electricity Distribution Using Focused Ultrasound Waves and an Induced Electric Field,
      Journal of Electrostatics, vol. 73, pp. 6-11, 2015. [ScienceDirect]
    4. 河野通就, 星貴之, 筧康明: lapillus bug : 音響浮揚操作に基づいた粒子の生物的表現とインタラクション, 日本バーチャルリアティ学会論文誌, vol. 19, no. 4, pp. 615-624, 2014. [CiNii]
    5. Yoichi Ochiai, Takayuki Hoshi, and Jun Rekimoto: Pixie Dust: Graphics Generated by Levitated and Animated Objects in Computational Acoustic-Potential Field,
      ACM Transactions on Graphics, vol. 33, article no. 85, 2014. [ACM Digital Library]
    6. Yoichi Ochiai, Alexis Oyama, Takayuki Hoshi, and Jun Rekimoto: The Colloidal Metamorphosis: Time Division Multiplexing of the Reflectance State,
      IEEE Computer Graphics and Applications, vol. 34, no. 4, pp. 42-51, 2014. [CS Digital Library]
    7. 星貴之: 非接触作用力を発生する小型超音波集束装置の開発, 計測自動制御学会論文集, vol. 50, no. 7, pp. 543-552, 2014. [J-STAGE]
    8. Takayuki Hoshi, Yoichi Ochiai, and Jun Rekimoto: Three-Dimensional Noncontact Manipulation by Opposite Ultrasonic Phased Arrays,
      Japanese Journal of Applied Physics, vol. 53, 07KE07, 2014. [IOP]
    9. Yoichi Ochiai, Takayuki Hoshi, and Jun Rekimoto: Three-Dimensional Mid-Air Acoustic Manipulation by Ultrasonic Phased Arrays,
      PLoS ONE, vol. 9, no. 5, e97590, 2014. [PrePrint in arXiv.org] [PLoS ONE]
    10. 菊永和也, 星貴之, 山下博史, 江頭正浩, 野中一洋: 集束超音波と誘起電界を用いた非近接型静電気計測技術の開発, 静電気学会誌, vol. 38, no. 2, pp. 101-107, 2014. [IESJ]
    11. 落合陽一, 大山剛史, 星貴之, 暦本純一: コロイドディスプレイ: 透明な薄膜を用いた反射制御ディスプレイ, 日本バーチャルリアティ学会論文誌, vol. 18, no. 3, pp. 277-286, 2013. [CiNii]
    12. Kazuya Kikunaga, Takayuki Hoshi, Hiroshi Yamashita, Yoshitaka Fujii, and Kazuhiro Nonaka: Measuring Technique for Static Electricity Using Focused Sound,
      Journal of Electrostatics, vol. 71, no. 3, pp. 554-557, 2012. [ScienceDirect]
    13. Takayuki Hoshi, Masafumi Takahashi, Takayuki Iwamoto, and Hiroyuki Shinoda: Noncontact Tactile Display Based on Radiation Pressure of Airborne Ultrasound,
      IEEE Transactions on Haptics, vol. 3, no. 3, pp. 155-165, 2010. [IEEE Computer Society Digital Library]
    14. 星貴之, 篠田裕之: リアルタイムに形状計測可能な布状デバイス, 計測自動制御学会論文集, vol. 44, no. 12, pp. 1015-1016, 2008. [J-STAGE]
    15. 星貴之, 篠田裕之: 接触力と接触面積を計測する非線形触覚素子, 計測自動制御学会論文集, vol. 42, no. 7, pp. 727-735, 2006. [J-STAGE]

    書籍

    1. Takayuki Hoshi and Hiroyuki Shinoda: Airborne Ultrasound Tactile Display, Hiroyuki Kajimoto, Satoshi Saga, and Masahi Konyo (Eds.), Pervasive Haptics -Science, Design, and Application-, Springer Japan, 2016.

    国際学会

    1. Yoichi Ochiai, Kota Kumagai, Takayuki Hoshi, Satoshi Hasegawa, Yoshio Hayasaki: Cross-field Aerial Haptics: Rendering Haptic Feedback in Air with Light and Acoustic Fields,
      Proc. ACM CHI 2016, conditionally accepted, San Jose, Califolnia (USA), 7-12 May, 2016.
    2. Takayuki Hoshi: Gradual Phase Shift to Suppress Noise from Airborne Ultrasound Tactile Display,
      ACM CHI 2016 Workshop on Mid-Air Haptics and Displays: Systems for Un-instrumented Mid-Air Interactions, accepted, San Jose, Califolnia (USA), 7-12 May, 2016.
    3. Takayuki Hoshi: Variation of Tactile Feelings of Focused Ultrasound: Modulation Frequency and Hand Movement,
      Proc. ACM SIGGRAPH Asia 2015, Workshop on Haptic Media and Contents Design, article no. 18, Kobe (Japan), 2 Nov., 2015. [Demo] [ACM Digital Library]
    4. Pham Quang Trung, Takayuki Hoshi, Yoshihiro Tanaka, and Akihito Sano: Investigation on Tactile Sensor based on Tissue Engineering,
      Proc. Vietnamese-Japanese Students' Scientific Exchange Meeting (VJSE 2015), Kyoto (Japan), 31 Oct., 2015.
    5. Kazuya Kikunaga and Takayuki Hoshi: Measuring Electrostatic Charge by Ultrasound Impulse Excitation,
      Proc. IEEE Industry Applications Society (IAS) Annual Meeting 2015, 2015-EPC-0511, Dallas, Texas (USA), 18-22 Oct., 2015.
    6. Yoichi Ochiai, Kota Kumagai, Takayuki Hoshi, Jun Rekimoto, Satoshi Hasegawa, and Yoshio Hayasaki: Fairy Lights in Femtoseconds: Aerial and Volumetric Graphics Rendered by Focused Femtosecond Laser Combined with Computational Holographic Fields,
      Proc. ACM SIGGRAPH 2015, Emerging Technologies, article no. 10, Los Angeles, California (USA), 9-13 Aug., 2015. [Demo] [Emerging Technologies Preview Trailer] [ACM Digital Library]
    7. Yoichi Ochiai, Kota Kumagai, Takayuki Hoshi, Jun Rekimoto, Satoshi Hasegawa, and Yoshio Hayasaki: Fairy Lights in Femtoseconds: Aerial and Volumetric Graphics Rendered by Focused Femtosecond Laser Combined with Computational Holographic Fields,
      Proc. ACM SIGGRAPH 2015, Emerging Technologies Talks, article no. 10, Los Angeles, California (USA), 9-13 Aug., 2015.
    8. Yoichi Ochiai, Kota Kumagai, Takayuki Hoshi, Jun Rekimoto, Satoshi Hasegawa, and Yoshio Hayasaki: Fairy Lights in Femtoseconds: Aerial and Volumetric Graphics Rendered by Focused Femtosecond Laser Combined with Computational Holographic Fields,
      Proc. ACM SIGGRAPH 2015, Posters (Research), Los Angeles, California (USA), 9-13 Aug., 2015. [Poster]
    9. Masaya Takasaki, Daisuke Yamaguchi, Yoichi Ochiai, Takayuki Hoshi, and Takeshi Mizuno: Between Smoothness and Stickiness,
      Proc. IEEE World Haptics Conference, D-46, Chicago, Illinois (USA), 22-26 June, 2015. [Demo] [Demonstrations Previews]
    10. Trung Pham Quang, Takayuki Hoshi, Yoshihiro Tanaka, and Akihito Sano: Study on Three-dimensional Configuration of Dermal Papillae: Effects on Meissner Corpuscles,
      Proc. IEEE World Haptics Conference, Work-In-Progress, WIP-25, Chicago, Illinois (USA), 22-26 June, 2015. [Poster]
    11. Hiroshi Shimizu, Kenji Nakamura, Takayuki Hoshi, Hiroshi Nakamura, Juro Miyashita, and Katsuaki Ohdoi: Development of a Non-contact Ultrasonic Pollination System,
      Proc. XXXVI CIOSTA & CIGR Section V Conference 2015, paper ID 43, Saint-Petersburg (Russia), 26-28 May, 2015.
    12. Yoichi Ochiai, Takayuki Hoshi, Kota Kumagai, Jun Rekimoto, Satoshi Hasegawa, and Yoshio Hayasaki: Fairy Lights,
      17th International Conferences and Exhibition of Virtual Technologies and Uses (Laval Virtual 2015), Laval Virtual Awards, Laval (France), 8-12 Apr., 2015.
      [Industrial design & Simulation (One of 10 Awards) / 18 Mar. 2015]
    13. Takayuki Hoshi: Noncontact Tactile Display Using Airborne Ultrasound,
      Proc. 21st International Display Workshops, pp. 1529-1533, Niigata (Japan), invited, 3-5 Dec., 2014.
    14. Daisuke Yamaguchi, Yoichi Ochiai, Takayuki Hoshi, Jun Rekimoto, Masaya Takasaki: Driving System of Diminished Haptics: Transformation of Real World Textures,
      Proc. AsiaHaptics 2014, B-18, Tsukuba (Japan), 18-20 Nov., 2014. [Demo] [Partial Preview]
    15. Michinari Kono, Takayuki Hoshi, and Yasuaki Kakehi: lapillus bug: Creature-like Behaving Particles Based on Interactive Mid-Air Acoustic Manipulation,
      Proc. 11th Advances in Computer Entertainment Technology Conference (ACE 2014), article no. 34, Madeira (Portugal), 11-14 Nov., 2014. [ACM Digital Library]
    16. Gary M.Y. Hung, Nigel W. John, Chris Hancock, and Takayuki Hoshi: Using Airborne Ultrasound as a Tactile Interface within Medical Training Simulators,
      Proc. 6th International Symposium on Biomedical Simulation (ISBMS 2014), pp. 30-39, Strasbourg (France), 16-17 Oct., 2014.
    17. Yuta Sugiura, Koki Toda, Takayuki Hoshi, Youichi Kamiyama, Masahiko Inami, and Takeo Igarashi: Graffiti Fur: Turning Your Carpet into a Computer Display,
      Proc. 27th ACM User Interface Software and Technology Symposium (ACM UIST 2014), pp. 149-156, Hawaii (USA), 5-8 Oct., 2014. [Technical Program Preview]
      [Best Talk Award (1/74) / 8 Oct. 2014]
    18. Takayuki Hoshi, Yoichi Ochiai, and Jun Rekimoto: Three-dimensional Non-contact Manipulation Based on Standing-wave Acoustic Levitation,
      Proc. 1st International Conference on Ultrasonic-Based Applications: From Analysis to Synthesis (ULTRASONICS 2014), p. 111, Lisbon (Portugal), invited, 15-17 Sept., 2014.
    19. Pham Quang Trung, Takayuki Hoshi, Yoshihiro Tanaka, and Akihito Sano: Investigation of Spatial Structure Surrounding Meissner Corpuscle by Using Compact Finite-Element Methods,
      Proc. Vietnamese-Japanese Students' Scientific Exchange Meeting (VJSE 2014), Kobe (Japan), 13 Sept., 2014.
    20. Yuta Sugiura, Koki Toda, Takayuki Hoshi, Masahiko Inami, and Takeo Igarashi: Graffiti Fur: Turning Your Carpet into a Computer Display,
      Proc. ACM SIGGRAPH 2014, Emerging Technologies, article no. 9, Vancouver (Canada), 10-14 Aug., 2014. [Demo] [Emerging Technologies Media Tour] [ACM Digital Library]
    21. Yoichi Ochiai, Takayuki Hoshi, and Jun Rekimoto: Pixie Dust: Graphics Generated by Levitated and Animated Objects in Computational Acoustic-Potential Field,
      Proc. ACM SIGGRAPH 2014, Emerging Technologies, article no. 21, Vancouver (Canada), 10-14 Aug., 2014. [Demo] [Emerging Technologies Preview Trailer] [Emerging Technologies Media Tour] [ACM Digital Library]
    22. Yoichi Ochiai, Takayuki Hoshi, and Jun Rekimoto: Pixie Dust: Graphics Generated by Levitated and Animated Objects in Computational Acoustic-Potential Field,
      Proc. ACM SIGGRAPH 2014, Posters, article no. 83, Vancouver (Canada), 10-14 Aug., 2014. [Poster] [ACM Digital Library]
      [Invited to the First Round of the Student Research Competition (25 student posters)]
    23. Yoichi Ochiai, Takayuki Hoshi, and Jun Rekimoto: Pixie Dust: Graphics Generated by Levitated and Animated Objects in Computational Acoustic-Potential Field,
      Proc. ACM SIGGRAPH 2014, Technical Papers, article no. 85, Vancouver (Canada), 10-14 Aug., 2014. [Technical Papers Preview Trailer] [ACM Digital Library]
    24. Yoichi Ochiai, Takayuki Hoshi, Jun Rekimoto, and Masaya Takasaki: Diminished Haptics: Towards Digital Transformation of Real World Textures,
      Proc. Eurohaptics 2014, Poster 53 / Demo 4, Versailles (France), 24-27 June, 2014. [Poster & Demo]
      [Best Demonstration Award Honorable Mention (2nd/30) / 26 June 2014] [IEEE ToH / News from the Field]
    25. Yoichi Ochiai, Takayuki Hoshi, and Jun Rekimoto: Pixie Dust,
      16th International Conferences and Exhibition of Virtual Technologies and Uses (Laval Virtual 2014), Laval Virtual Awards, Laval (France), 9-13 Apr., 2014.
      [Interface & Multipurpose Equipment (One of 10 Awards) / 28 Mar. 2014]
      [Grand Prix du Jury (1/10) / 10 Apr. 2014]
    26. Yoichi Ochiai, Takayuki Hoshi, and Jun Rekimoto: Three-Dimensional Mid-Air Acoustic Manipulation,
      16th International Conferences and Exhibition of Virtual Technologies and Uses (Laval Virtual 2014), ReVolution, Laval (France), 9-13 Apr., 2014. [Demo]
      [Invited Pproject (One of 4 Projects)/ 6 Mar. 2014]
    27. Michinari Kono, Yasuaki Kakehi, and Takayuki Hoshi: lapillus bug,
      Proc. ACM SIGGRAPH Asia 2013, Art Gallery, Hong Kong (China), 19-22 Nov., 2013. [Demo] [Movie]
    28. Yoichi Ochiai, Alexis Oyama, Takayuki Hoshi, and Jun Rekimoto: Theory and Application of the Colloidal Display: Programable Bubble Screen for Computer Entertainment,
      Proc. 10th International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE 2013), pp. 198-214, Twente (Netherlands), 12-15 Nov., 2013.
      [Springer Diamond Award for best research (1/77) / 15 Nov. 2013]
    29. Pham Quang Trung, Takayuki Hoshi, Yoshihiro Tanaka, and Akihito Sano: Proposal of Tactile Sensor Development Based on Tissue Engineering,
      Proc. IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems 2013 (IROS 2013), pp. 2030-2034, Tokyo (Japan), 3-8 Nov., 2013.
    30. Yoichi Ochiai, Alexis Oyama, Takayuki Hoshi, and Jun Rekimoto: Poppable Display: A Display Which Enables People to Interact with Popping, Breaking, and Tearing,
      Proc. 2013 IEEE 2nd Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2013), pp. 124-128, Makuhari (Japan), 1-4 Oct., 2013.
    31. Kei Nakatsuma, Takayuki Hoshi, and Ippei Torigoe: Haptic-Emoticon: A Framework for Creating and Sharing Haptic Contents,
      Proc. SICE Annual Conference 2013, pp. 218-222, Nagoya (Japan), 14-17 Sept., 2013.
    32. Takayuki Hoshi: Compact Device for Markerless Hand Tracking and Noncontact Tactile Feedback,
      Proc. SICE Annual Conference 2013, pp. 277-278, Nagoya (Japan), 14-17 Sept., 2013.
    33. Kei Nakatsuma, Takayuki Hoshi, and Ippei Torigoe: Haptic-Emoticon: A Platform for Creating and Sharing Haptic Contents,
      Proc. ACM SIGGRAPH 2013, Posters, Anaheim, California (USA), 21-25 July, 2013. [Poster] [Movie]
    34. Yoichi Ochiai, Alexis Oyama, Takayuki Hoshi, and Jun Rekimoto: Reflective, Deformable, Colloidal Display: A Waterfall-Based Colloidal Membrane Using Focused Ultrasonic Waves,
      Proc. ACM SIGGRAPH 2013, Posters, Anaheim, California (USA), 21-25 July, 2013. [Poster] [Movie]
      [Student Research Competition Semi-Finalist (15 student posters) / 23 July 2013]
    35. Gary M.Y. Hung, Nigel W. John, Chris Hancock, Derek A. Gould, and Takayuki Hoshi: UltraPulse - Simulating Arterial Pulse with Focused Airborne Ultrasound,
      Proc. 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'13), pp. 2511-2514, Osaka (Japan), 3-7 July, 2013.
    36. Kazuya Kikunaga, Takayuki Hoshi, Hiroshi Yamashita, Yoshitaka Fujii, and Kazuhiro Nonaka: Measuring Technique for Static Electricity Using Focused Sound,
      Journal of Electrostatics (12th International Conference on Electrostatics (Electrostatics 2013)), vol. 71, no. 3, pp. 554-557, Budapest (Hungary), 17-19 Apr., 2013.
      [Young Scientist Award (4 scientists below 35 years) / 19 Apr. 2013]
    37. Yoichi Ochiai, Alexis Oyama, Takayuki Hoshi, and Jun Rekimoto: Colloidal Display,
      15th International Conference and Exhibition on Virtual Reality and Converging Technologies (Laval Virtual 2013), ReVolution, Laval (France), 20-24 Mar., 2013. [Demo] [Movie]
      [Laval Virtual Awards 2013 Nominee]
    38. Takayuki Hoshi: Compact Ultrasound Device for Noncontact Interaction,
      Proc. Advances in Computer Entertainment Conference 2012 (ACE 2012), pp. 502-505, Kathmandu (Nepal), 3-5 Nov., 2012. [Demo] [Movie]
    39. Takayuki Hoshi: Development of Portable Device of Airborne Ultrasound Tactile Display,
      Proc. SICE Annual Conference 2012, pp. 290-292, Akita (Japan), 20-23 Aug., 2012.
    40. Takayuki Hoshi: Handwriting Transmission System Using Noncontact Tactile Display,
      Proc. IEEE Symposium on Haptic Interfaces for Virtual Environment and Teleoperator Systems (IEEE Haptics Symposium 2012), pp. 399-401, Vancouver (Canada), 4-7 Mar., 2012. [Poster & Demo]
      [Best Demo Award Candidate (12/47) / 7 Mar. 2012]
    41. Takayuki Hoshi: Midair Input-Output Interface Consisting of Depth Camera and Noncontact Tactile Display,
      Proc. SICE Annual Conference 2011, pp. 608-609, Waseda (Japan), 13-18 Sept., 2011.
    42. Takayuki Hoshi: Development of Aerial-Input and Aerial-Tactile-Feedback System,
      Proc. 4th Joint Eurohaptics Conference and IEEE Haptics Symposium (IEEE World Haptics 2011), pp. 569-573, Istanbul (Turkey), 22-24 June, 2011. [Poster & Demo]
    43. Takayuki Hoshi, Yuta Nishiyama, and Ippei Torigoe: Observations of Airflow Arising from Airborne Ultrasound Tactile Display,
      Proc. SICE Annual Conference 2010, pp. 384-385, Taipei (Taiwan), 18-21 Aug., 2010.
    44. Takayuki Hoshi, Daisu Abe, and Hiroyuki Shinoda: Adding Tactile Reaction to Hologram,
      Proc. 18th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (IEEE RO-MAN 2009), pp. 7-11, Toyama (Japan), 27 Sept. - 2 Oct., 2009. [Demo]
    45. Takayuki Hoshi, Masafumi Takahashi, Kei Nakatsuma, and Hiroyuki Shinoda: Touchable Holography,
      Proc. ACM SIGGRAPH 2009, Emerging Technologies, article no. 23, New Orleans, Louisiana (USA), 3-7 Aug., 2009. [Demo]
    46. Takayuki Hoshi, Takayuki Iwamoto, and Hiroyuki Shinoda: Non-contact Tactile Sensation Synthesized by Ultrasound Transducers,
      Proc. 3rd Joint Eurohaptics Conference and Symposium on Haptic Interfaces for Virtual Environment and Teleoperator Systems (World Haptics 2009), pp. 256-260, Salt Lake City, Utah (USA), 18-20 Mar., 2009. [Poster & Demo]
    47. Takayuki Hoshi and Hiroyuki Shinoda: 3D Shape Measuring Sheet Utilizing Gravitational and Geomagnetic Fields,
      Proc. SICE Annual Conference 2008, pp. 915-920, Chofu (Japan), 20-22 Aug., 2008.
    48. Takayuki Iwamoto, Mari Tatezono, Takayuki Hoshi, and Hiroyuki Shinoda: Airborne Ultrasound Tactile Display,
      Proc. ACM SIGGRAPH 2008, New Tech Demos, article no. 1, Los Angeles, California (USA), 11-15 Aug., 2008. [Demo]
    49. Takayuki Hoshi and Hiroyuki Shinoda: Three-Dimensional Shape Capture Sheet Using Distributed Six-Axis Sensors,
      Proc. 5th International Conference on Networked Sensing Systems (INSS 2008), pp. 156-161, Kanazawa (Japan), 17-19 June, 2008.
    50. Takayuki Hoshi and Hiroyuki Shinoda: Gravity-Based 3D Shape Measuring Sheet,
      Proc. SICE Annual Conference 2007, pp. 2126-2131, Takamatsu (Japan), 17-20 Sept., 2007.
      [SICE Annual Conference International Award (2/584) / 20 Sept. 2007]
    51. Takayuki Hoshi, Sayo Ozaki, and Hiroyuki Shinoda: Three-Dimensional Shape Capture Sheet Using Distributed Triaxial Accelerometers,
      Proc. 4th International Conference on Networked Sensing Systems (INSS 2007), pp. 207-212, Braunschweig (Germany), 6-8 June, 2007.
    52. Takayuki Hoshi and Hiroyuki Shinoda: Free-Form Tactile Sensor Using 3-Dimensional Shape Capture Sheet,
      Proc. 2nd Joint Eurohaptics Conference and Symposium on Haptic Interfaces for Virtual Environment and Teleoperator Systems (World Haptics 2007), pp. 403-408, Tsukuba (Japan), 22-24 Mar., 2007. [Poster]
    53. Takayuki Hoshi and Hiroyuki Shinoda: A Large Area Robot Skin Based on Cell-Bridge System,
      Proc. 5th IEEE Conference on Sensors (IEEE SENSORS 2006), pp. 827-830, Daegu (Korea), 22-25 Oct., 2006.
    54. Takayuki Hoshi, Akimasa Okada, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda: A Whole Body Artificial Skin Based on Cell-Bridge Networking System,
      Proc. 3rd International Conference on Networked Sensing Systems (INSS 2006), pp. 55-60, Rosemont, Illinois (USA), 31 May - 2 June, 2006.
    55. Takayuki Hoshi and Hiroyuki Shinoda: Robot Skin Based on Touch-Area-Sensitive Tactile Element,
      Proc. 2006 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2006), pp. 3463-3468, Orlando, Florida (USA), 15-19 May, 2006.
    56. Takayuki Hoshi and Hiroyuki Shinoda: A Sensitive Skin Based on Touch-Area-Evaluating Tactile Elements,
      Proc. Symposium on Haptic Interfaces for Virtual Environment and Teleoperator Systems (Haptics Symposium 2006), pp. 89-94, Alexandria, Virginia (USA), 25-26 Mar., 2006.
    57. Takayuki Hoshi and Hiroyuki Shinoda: A Tactile Sensing Element for a Whole Body Robot Skin,
      Proc. 36th International Symposium on Robotics (ISR 2005), TU412, Tokyo (Japan), 29 Nov. - 1 Dec., 2005.
    58. Takayuki Hoshi and Hiroyuki Shinoda: Tactile Sensing Using Nonlinear Elasticity,
      Proc. SICE Annual Conference 2005, pp. 2978-2981, Okayama (Japan), 8-10 Aug., 2005.

    国内学会/研究会

    1. 星貴之: 電子工作キットで学ぶ超音波の力学的作用,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会 2016 (ROBOMECH2016) 講演論文集, 発表予定, 横浜, 6 月 8-11 日, 2016. [ポスター]
    2. 熊谷幸汰, 落合陽一, 星貴之, 長谷川智士, 早崎芳夫: ホログラフィック並列光アクセス型ボリュームディスプレイ,
      平成 28 年度第 1 回ホログラフィック・ディスプレイ研究会, 宇都宮, 3 月 8 日, 2016.
    3. 熊谷幸汰, 落合陽一, 星貴之, 長谷川智士, 早崎芳夫: ホログラフィックレーザー描画を用いたボリュームディスプレイ,
      第 8 回計算オプティクス研究会, 丸ノ内, 1 月 28 日, 2016.
    4. 星貴之: DIY 音響浮揚装置を作り直してみた,
      第 9 回ニコニコ学会βシンポジウム, マッドネスマックス, 六本木, 12 月 19 日, 2015. [SlideShare] [ニコニコ生放送]
    5. 星貴之, 中村謙治, 清水浩: ハンドヘルド型超音波授粉装置の開発,
      第 16 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015) 論文集, p. 1468, 名古屋, 12 月 14-16 日, 2015.
    6. Pham Quang Trung, 星貴之, 田中由浩, 佐野明人: マイスナー小体の発生過程についての考察 (第 4 報),
      第 16 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015) 論文集, pp. 1748-1752, 名古屋, 12 月 14-16 日, 2015.
    7. 星貴之, Pham Quang Trung, 田中由浩, 佐野明人: マイスナー小体の空間配置についての考察 (第 4 報),
      第 16 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015) 論文集, pp. 1753-1755, 名古屋, 12 月 14-16 日, 2015.
    8. 星貴之: 空中触覚ディスプレイの開発と応用,
      第 6 回横幹連合コンファレンス 2015 論文集, pp. 15-17, 名古屋, 12 月 5-6 日, 2015.
    9. 山口大介, 落合陽一, 星貴之, 高崎正也: 触り心地を変化させる Diminished Haptics Device,
      第七回多感覚研究会プログラム, 吉祥寺, 11 月 7-8 日, 2015. [ポスター][デモ]
    10. 星貴之: DIY 音響浮揚装置を作ってみた (第 2 報),
      エンタテインメントコンピューティング 2015 論文集, pp. 100-106, 札幌, 9 月 25-27 日, 2015. [IPSJ]
    11. 星貴之, 早田滋: 画像計測高精度化のための超音波定在波による空気揺らぎの抑制,
      第 32 回センシングフォーラム論文集, pp. 329-332, 大阪, 9 月 10-11 日, 2015.
    12. 星貴之, 河野通就, 落合陽一: 鉛直壁面付近に生じた定在波によるマイクロ粒子の音響マニピュレーション,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会 2015 (ROBOMECH2015) 講演論文集, 1P2-W08(1-2), 京都, 5 月 17-19 日, 2015. [ポスター]
    13. 神垣貴晶, 中妻啓, 星貴之, 大嶋康敬, 鳥越一平: 超音波回折パターンを利用した表面粗さ計測,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会 2015 (ROBOMECH2015) 講演論文集, 2A2-X01(1-4), 京都, 5 月 17-19 日, 2015. [ポスター]
    14. Pham Quang Trung, 星貴之, 田中由浩, 佐野明人: マイスナー小体の発生過程についての考察 (第 3 報),
      第 15 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2014) 論文集, pp. 1650-1653, 有明, 12 月 15-17 日, 2014.
    15. 星貴之, Pham Quang Trung, 田中由浩, 佐野明人: マイスナー小体の空間配置についての考察 (第 3 報),
      第 15 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2014) 論文集, pp. 1654-1656, 有明, 12 月 15-17 日, 2014.
    16. 星貴之: 静脈像にもとづくタッチインタフェース,
      第 15 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2014) 論文集, pp. 1662-1663, 有明, 12 月 15-17 日, 2014.
    17. 星貴之, 落合陽一, 暦本純一: 四台の超音波フェーズドアレイを用いた平面状粒子浮揚,
      第 35 回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム (USE2014) 講演論文集, pp. 375-376, 明治, 12 月 3-5 日, 2014.
    18. 菊永和也, 星貴之, 山下博史, 江頭正浩, 檜枝龍美, 野中一洋: 集束超音波と誘起電界を用いた静電気分布計測システム,
      電気学会計測研究会講演論文集, pp. 29-32, 佐賀, 11 月 20-21 日, 2014.
      [優秀論文発表賞 (大会・研究会における35 歳程度以下の若手発表者による論文から 200 件) / 表彰式 2015 年 9 月 17 日]
    19. 杉浦裕太, 星貴之, 神山洋一, 五十嵐健夫, 稲見昌彦: 超音波集束装置を用いた被毛布への描画手法,
      第 19 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp. 511-512, 名古屋, 9 月 17-19 日, 2014.
      [学術奨励賞 (35 歳以下の発表者から 5 名) / 2015 年 3 月 19 日]
    20. 落合陽一, 星貴之, 暦本純一: ピクシーダスト: コンピューテーショナルポテンシャルフィールドを用いた実世界グラフィクス,
      Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2014, 招待講演, 早稲田, 6 月 29-30 日, 2014. [YouTube]
    21. 星貴之: 超音波加熱にもとづく非拘束な温覚提示の提案,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会 2014 (ROBOMECH2014) 講演論文集, 1P2-X06(1-2), 富山, 5 月 25-29 日, 2014. [ポスター]
    22. Shinde Dhanashri Balaso,Seiichi Arima,Yuko Ueka, Masahiro Kono, Yoshiyuki Nakagawa, Hiroshi Shimizu, and Takayuki Hoshi: Development of Multi-Operation System for Intelligent Greenhouse -Study of growth diagnosis unit, pest detection unit and pollination unit to assure better productivity-,
      第 73 回 (2014 年度) 農業食料工学会年次大会講演要旨集, 8-20(O-5), 沖縄, 5 月 16-19 日, 2014.
    23. 星貴之: DIY 音響浮揚装置を作ってみた,
      第 6 回ニコニコ学会βシンポジウム, 研究してみたマッドネス, no. 25, 幕張, 4 月 26-27 日, 2014. [SlideShare] [ニコニコ生放送]
    24. 菊永和也, 星貴之, 山下博史, 江頭正浩, 野中一洋: 集束超音波と誘起電界を用いた静電気分布計測技術の開発,
      第 15 回静電気学会春期講演会講演論文集, pp. 73-76, 大岡山, 3 月 5 日, 2014.
    25. Pham Quang Trung, 星貴之, 田中由浩, 佐野明人: マイスナー小体の発生過程についての考察 (第 2 報),
      第 14 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2013) 論文集, pp. 665-666, 神戸, 12 月 18-20 日, 2013.
    26. 星貴之, Pham Quang Trung, 田中由浩, 佐野明人: マイスナー小体の空間配置についての考察 (第 2 報),
      第 14 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2013) 論文集, pp. 667-668, 神戸, 12 月 18-20 日, 2013.
    27. 星貴之, 落合陽一, 暦本純一: 対向する超音波フェーズドアレイを用いた三次元非接触マニピュレーション,
      第 34 回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム (USE2013) 講演論文集, pp. 587-588, 京都, 11 月 20-22 日, 2013.
      [超音波シンポジウム奨励賞 (Symposium on Ultrasonic Electronics : Young Scientist Award) (審査を希望した 37 歳以下の発表者 151 名から 11 名) / 2014 年 1 月 10 日 (授賞式 2014 年 12 月 4 日)]
    28. 河野通就, 星貴之, 筧康明: lapillus bug: 音響浮揚による粒子の空中移動制御とインタラクション,
      エンタテインメントコンピューティング 2013 論文集, pp. 41-46, 高松, 10 月 4-6 日, 2013. [IPSJ]
      [EC2013 論文賞 (72 件中 1 件) / 2013 年 10 月 6 日]
      [山下記念研究賞 (36 研究会から 52 件) / 表彰式 2015 年 3 月 17 日]
    29. 朴宰億, 中村謙治, 星貴之, 清水浩: 超音波によるイチゴの人工授粉装置の開発,
      日本生物環境工学会 2013 年高松大会講演要旨, pp. 154-155, 高松, 9 月 2-5 日, 2013.
    30. 星貴之: 粘性流体を用いた空中超音波触覚ディスプレイの圧力分布の可視化,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会 2013 (ROBOMEC2013) 講演論文集, 2A2-B04(1-3), 筑波, 5 月 22-25 日, 2013. [ポスター]
    31. グェンフ ダン, 高崎正也, 水野毅, 星貴之: プリント基板における超音波を利用した脱水に関する研究 -第 3 報: 収束超音波による脱水-,
      2013 年度精密工学会春季大会講演論文集, pp. 767-768, 大岡山, 3 月 13-15 日, 2013.
    32. 星貴之: ハンドトラッキング機能を搭載した空中超音波触覚ディスプレイ,
      電子情報通信学会技術研究報告 (力触覚の提示と計算 第 10 回研究会), vol. 112, no. 483, pp. 37-38, 沖縄, 3 月 13-14 日, 2013.
    33. 菊永和也, 星貴之, 山下博史, 藤井義貴, 野中一洋: 集束超音波を用いた非近接型静電気計測技術,
      第 14 回静電気学会春期講演会講演論文集, pp. 51-54, 本郷, 3 月 7 日, 2013.
      [優秀賞 (審査を希望した発表原稿の中から優れたもの) / 2013 年 3 月 7 日]
    34. 星貴之: フレズニオス,
      インタラクション 2013 論文集, pp. 345-346, 台場, 2 月 28 日 - 3 月 2 日, 2013. [インタラクティブ発表] [Ustream]
      [インタラクティブ発表賞 (参加者投票により 55 件中 2 件) / 2013 年 2 月 28 日]
    35. 星貴之: 小型超音波集束装置の理論と実装,
      電気学会 C 部門 知覚情報技術委員会 触覚デバイスの高度化協同研究委員会 第 1 回研究会 資料, pp. 1-6, 埼玉, 2 月 27 日, 2013.
    36. Pham Quang Trung, 星貴之, 田中由浩, 佐野明人: マイスナー小体の発生過程についての考察,
      第 13 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2012) 論文集, pp. 320-322, 福岡, 12 月 18-20 日, 2012.
    37. 星貴之, Pham Quang Trung, 田中由浩, 佐野明人: マイスナー小体の空間配置についての考察,
      第 13 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2012) 論文集, pp. 323-324, 福岡, 12 月 18-20 日, 2012.
    38. 中妻啓, 星貴之, 鳥越一平: 触覚コンテンツの制作及び共有支援システムの提案 〜第 2 報〜,
      第 13 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2012) 論文集, pp. 1344-1348, 福岡, 12 月 18-20 日, 2012.
    39. 星貴之, 菊永和也: 集束超音波の走査による静電気分布計測法,
      第 29 回センシングフォーラム論文集, pp. 143-146, 日立, 9 月 27-28 日, 2012.
      [第 29 回センシングフォーラム研究・技術奨励賞 (35 歳以下の発表者から 5 名) / 2013 年 8 月 30 日]
    40. 星貴之: 非接触インタラクションのための小型超音波集束装置,
      第 17 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp. 600-601, 日吉, 9 月 12-14 日, 2012.
    41. 菊永和也, 星貴之, 山下博史, 藤井義貴, 野中一洋: 集束超音波を用いた静電気分布計測技術,
      第 73 回応用物理学会学術講演会論文集, 12p-PB1-4, 松山, 9 月 11-14 日, 2012. [ポスター]
    42. 星貴之: 空中超音波触覚ディスプレイの可搬性の向上,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会 2012 (ROBOMEC2012) 講演論文集, 1A1-A03(1-2), 浜松, 5 月 27-29 日, 2012. [ポスター]
    43. 星貴之, 中妻啓, 篠田裕之: 運筆動作を介した触覚コンテンツ生成および共有のための枠組み,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会 2012 (ROBOMEC2012) 講演論文集, 1P1-A02(1-2), 浜松, 5 月 27-29 日, 2012. [ポスター]
    44. 佐野明人, 星貴之, 田中由浩: 触覚研究における細胞工学からのアプローチ,
      第 12 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2011) 論文集, pp. 2252-2253, 京都, 12 月 23-25 日, 2011.
    45. 星貴之, 中妻啓: 触覚コンテンツの制作及び共有支援システムの提案,
      第 12 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2011) 論文集, pp. 2270-2272, 京都, 12 月 23-25 日, 2011.
    46. 星貴之: 静脈像にもとづくタッチインタフェースのための基礎的検討,
      第 28 回センシングフォーラム論文集, pp. 65-68, 日吉, 10 月 13-14 日, 2011.
    47. 星貴之: 手のひらに運筆動作を伝達するコミュニケーションシステム,
      エンタテインメントコンピューティング 2011 論文集, pp. 177-178, 台場, 10 月 7-9 日, 2011. [デモ]
    48. 星貴之: 非接触触覚ディスプレイによる手掌部への情報提示,
      第 16 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp. 732-733, 函館, 9 月 20-22 日, 2011.
    49. 星貴之: 触覚フィードバックのある空中インタフェース,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会 2011 (ROBOMEC2011) 講演論文集, 2P1-O11(1-3), 岡山, 5 月 26-28 日, 2011. [ポスター]
    50. 渡邊雅之, 星貴之, 鳥越一平: 複数の超音波振動子アレイを用いた全周囲触覚提示,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会 2011 (ROBOMEC2011) 講演論文集, 2A2-O06(1-2), 岡山, 5 月 26-28 日, 2011. [ポスター]
    51. 星貴之: 触覚フィードバックのある空中入力システムの開発,
      第 11 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2010) 論文集, pp. 182-183, 仙台, 12 月 23-25 日, 2010.
    52. 星貴之: 静脈をマーカーとして用いる指変形観察の試み,
      第 29 回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集, pp. 277-278, 宮崎, 12 月 4-5 日, 2010.
    53. 橋元達哉, 星貴之, 鳥越一平: 接触位置の推定が可能な指輪型振動計測デバイス,
      第 29 回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集, pp. 279-280, 宮崎, 12 月 4-5 日, 2010.
    54. 西山雄太, 星貴之, 鳥越一平: プロジェクタ映像との触覚インタラクションシステムの開発,
      第 29 回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集, pp. 299-300, 宮崎, 12 月 4-5 日, 2010.
    55. 小川雄大, 星貴之, 鳥越一平: 空中超音波の包絡変調による触覚を介した音階提示の試み,
      第 29 回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集, pp. 301-302, 宮崎, 12 月 4-5 日, 2010.
      [学生発表交流会 最優秀発表賞 (12 件中 1 件) / 2010 年 12 月 4 日]
    56. 渡邊雅之, 星貴之, 鳥越一平: 空中映像との多方向触覚インタラクションシステムの開発,
      第 29 回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集, pp. 303-304, 宮崎, 12 月 4-5 日, 2010.
    57. 西山雄太, 星貴之, 鳥越一平: 空中超音波触覚ディスプレイに伴う気流の研究,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会 2010 (ROBOMEC2010) 講演論文集, 1P1-E28(1-2), 旭川, 6 月 13-16 日, 2010. [ポスター]
    58. 橋元達哉, 星貴之, 鳥越一平: 生体指振動を計測する指輪型デバイス,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会 2010 (ROBOMEC2010) 講演論文集, 1P1-F12(1-2), 旭川, 6 月 13-16 日, 2010. [ポスター]
    59. 高橋将文, 星貴之, 篠田裕之: 空中映像との触覚インタラクション,
      第 10 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2009) 論文集, pp. 155-156, 豊洲, 12 月 24-26 日, 2009.
    60. 高橋将文, 星貴之, 中妻啓, 篠田裕之: 無拘束型触覚提示装置による空中映像とのインタラクション,
      第 14 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, 1D2-4, 早稲田, 9 月 9-11 日, 2009.
    61. 星貴之, 岩本貴之, 篠田裕之: 空中超音波振動子アレイによる触覚提示,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会 2009 (ROBOMEC2009) 講演論文集, 1A1-A14(1-4), 福岡, 5 月 24-26 日, 2009. [ポスター]
    62. 星貴之, 高橋将文, 岩本貴之, 篠田裕之: 324 チャンネル超音波振動子アレイによる触覚提示,
      第 9 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2008) 論文集, pp. 959-960, 岐阜, 12 月 5-7 日, 2008.
    63. 星貴之, 岩本貴之, 篠田裕之: 空中超音波フェーズドアレイによる触覚ディスプレイ,
      第 13 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, 3A2-2, 奈良, 9 月 24-26 日, 2008.
    64. 星貴之, 篠田裕之: リアルタイムに形状計測可能な布状デバイス,
      第 8 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2007) 論文集, pp. 977-978, 広島, 12 月 20-22 日, 2007.
      [電子入稿順位 (粗品進呈対象) 第 1 位 / 2007 年 12 月 21 日]
    65. 星貴之, 篠田裕之: 重力・地磁気計測メッシュによる三次元形状復元,
      第 24 回センシングフォーラム論文集, pp. 119-123, 仙台, 10 月 25-26 日, 2007.
    66. Takayuki Hoshi and Hiroyuki Shinoda: 3D Shape Capture Sheet Based on Gravity and Geomagnetic Sensing,
      Proc. IEEJ 24th Sensor Symposium, pp. 423-427, Funabori (Japan), 16-17 Oct., 2007.
    67. 星貴之, 尾崎沙世, 篠田裕之: 三次元形状計測シート,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会 2007 (ROBOMEC2007) 講演論文集, 1A2-A09(1-4), 秋田, 5 月 10-12 日, 2007. [ポスター]
    68. 星貴之, 篠田裕之: 三次元形状キャプチャシートによる柔軟触覚センサ,
      第 7 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2006) 論文集, pp. 464-465, 札幌, 12 月 14-16 日, 2006.
    69. 星貴之, 篠田裕之: 非線形触覚素子による大面積人工皮膚,
      第 7 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2006) 論文集, pp. 476-477, 札幌, 12 月 14-16 日, 2006.
    70. Takayuki Hoshi and Hiroyuki Shinoda: Linking Nonlinear Tactile Elements by Cell-Bridge System,
      Proc. IEEJ 23rd Sensor Symposium, pp. 274-278, Takamatsu (Japan), 5-6 Oct., 2006. [Poster]
    71. 岩本貴之, 星貴之, 篠田裕之: 生体指の振動計測に基づく触覚センシング,
      第 23 回センシングフォーラム論文集, pp. 285-288, つくば, 10 月 2-3 日, 2006.
    72. 星貴之, 輿かがり, 篠田裕之: セルブリッジネットワークによる人工皮膚,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会 2006 (ROBOMEC2006) 講演論文集, 2P2-B07(1-4), 早稲田, 5 月 26-28 日, 2006. [ポスター]
    73. Takayuki Hoshi and Hiroyuki Shinoda: A Tactile Element Based on Nonlinear Elasticity to Sense Contact Area,
      Proc. IEEJ 22nd Sensor Symposium, pp.375-379, Tokyo (Japan), 20-21 Oct., 2005.
    74. 星貴之, 篠田裕之: 非線形触覚素子による人工皮膚,
      第 22 回センシングフォーラム論文集, pp. 337-342, 大阪, 9 月 29-30 日, 2005.
      [第 22 回センシングフォーラム研究・技術奨励賞 (35 歳以下の発表者から 5 名) / 2006 年 10 月 3 日]
    75. 星貴之, 篠田裕之: 非線形弾性を利用する触覚センシング,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会 '05 (ROBOMEC '05) 講演論文集, 2P1-N-104(1-4), 神戸, 6 月 9-11 日, 2005. [ポスター]
    76. 星貴之, 篠田裕之: 材料の非線形特性を利用した触覚センシング,
      第 22 回日本ロボット学会学術講演会論文集, 1J26, 岐阜, 9 月 15-17 日, 2004.

    講演

    1. 星貴之: 空中における触覚提示技術, 講習会 触覚技術の基礎と応用, 滋賀, 11 月 27 日, 2015.
    2. 星貴之: 研究紹介, 第 3 回テニュアトラック教員による創発型シンポジウム, 名古屋, 11 月 20 日, 2015.
    3. 星貴之: 空中超音波フェーズドアレイの開発と応用, 超音波応用懇談会, 名古屋, 11 月 6 日, 2015.
    4. 落合陽一×星貴之: トークセッション / おっちあいとほっしーの人生相談, DCEXPO STUDIO, 台場, 10 月 25 日, 2015. [Ustream]
    5. 星貴之: ASFサイエンストーク 未来を拓くモノづくり第 3 回「超音波がもつ意外な能力」, あいちサイエンスフェスティバル, 名古屋, 10 月 19 日, 2015.
    6. 星貴之: 研究発表, 名古屋工業大学 テニュアトラックシンポジウム, 名古屋, 7 月 31 日, 2015.
    7. 星貴之: 集束超音波が拓くイノベーション, 近未来への招待状 〜ナイスステップな研究者 2014 からのメッセージ〜, 霞が関, 7 月 27 日, 2015.
      [科学技術への顕著な貢献 2014 (ナイスステップな研究者) (文部科学省 NISTEP の調査にもとづき 10 名選定) / 2014 年 12 月 19 日 (記念品贈呈 2015 年 1 月 26 日)] [WEB]
    8. 星貴之: 話題提供, 産業技術総合研究所 中部センター 実務者サロン, 名古屋, 6 月 18 日, 2015.
    9. 星貴之: 超音波による空中触覚インタフェース, 名古屋工業大学 第 32 回技術懇話会「人の作業を支援するメカトロニクス技術」, 名古屋, 5 月 29 日, 2015.
    10. 星貴之: 音場制御による非接触インタラクション, 光学的コンピュータビジョンに関する研究会 第 5 回 研究会, 名古屋, 2 月 27 日, 2015.
    11. Takayuki Hoshi: Three-dimensional Mid-air Acoustic Manipulation Using Ultrasonic Phased Arrays, NITech Symposium on Acoustic Waves Research, Nagoya (Japan), 16 Dec., 2014.
    12. Takayuki Hoshi: Applications of Focused Ultrasound, NITech International Symposium on Technologies for "Unreachable" Things, Nagoya (Japan), 11 Dec., 2014.
    13. 星貴之: 研究紹介, 第 2 回テニュアトラック教員による創発型シンポジウム, 横浜, 11 月 27-28 日, 2014.
    14. パネルディスカッション テニュアトラック制度の今後を考える, 第 2 回テニュアトラック教員による創発型シンポジウム, 横浜, 11 月 27-28 日, 2014.
    15. 星貴之: 空中における触覚提示技術, 講習会 触覚技術の基礎と応用, 筑波, 11 月 18 日, 2014.
    16. 星貴之: 超音波を利用した先端研究 〜集束超音波による非接触作用力の応用展開について〜, 音波利用研究会 第 1 回セミナー「超音波を利用した先端研究に関する講演会」, 新潟, 11 月 4 日, 2014. [SlideShare]
    17. 星貴之: 集束させた超音波によって非接触で力を発生する装置の開発と応用, 名工大テクノフェア 2014, 名古屋, 10 月 31 日, 2014.
    18. 落合陽一×星貴之: トークセッション / 2100 年のヒューマンインターフェース 〜物体浮遊時代から見える未来を語る〜, DCEXPO STUDIO, 台場, 10 月 25 日, 2014. [Ustream]
    19. 星貴之: パネルディスカッション 触覚技術とオープンイノベーション / 使ってもらうための小型超音波集束装置, Shock-a-thon 2014 (触覚ハッカソン) 事前説明会, 横浜, 7 月 6 日, 2014. [SlideShare]
    20. 星貴之: DIY じゃない集束超音波の話, 第 6 回ニコニコ学会βアフターパーティー, 神保町, 5 月 31 日, 2014.
    21. 星貴之: 集束超音波でできること, デブサミ 2014 Day0 Featuring Tokyo MotionControl Network センサー&デバイス祭, 下目黒, 2 月 12 日, 2014. [SlideShare]
    22. 星貴之: 研究発表, 名古屋工業大学 若手研究イノベータ養成センター テニュアトラック成果発表会, 名古屋, 2 月 7 日, 2014.
    23. 星貴之: 空中における触覚提示技術, 講習会 触覚技術の基礎と応用, 本郷, 11 月 22 日, 2013.
    24. 星貴之: 集束超音波による非接触作用力の表舞台と裏舞台, 日本工業技術振興協会 スマート・アクチュエータ / センサ委員会 第 97 回定例会, 芝浦, 2 月 8 日, 2013.
    25. 星貴之: 小型超音波集束装置の開発, 名古屋工業大学主催 集束超音波セミナー, 名古屋, 12 月 13 日, 2012.
    26. 星貴之: 超音波を利用した非接触触覚ディスプレイの原理と応用, 名古屋工業大学主催 バイオメカニクスセミナー, 名古屋, 3 月 22 日, 2012.
    27. 星貴之: 空中超音波を利用した非接触触覚ディスプレイ, 名古屋工業大学主催 触覚工学シンポジウム, 名古屋, 11 月 24 日, 2011.
    28. Takayuki Hoshi: Principles and Applications of Airborne Ultrasound Tactile Display, Seminar at Cardiff University, Cardiff, Wales (UK), 21 July, 2011.
    29. Takayuki Hoshi: Principles and Applications of Airborne Ultrasound Tactile Display, Seminar at Bangor University, Bangor, Wales (UK), 20 July, 2011.

    展示/デモ/コンテスト

    1. 落合陽一: Fairy Lights in Femtosecods, KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭, 9 月 17 日 - 11 月 20 日, 2016.
      [Wired Creative Hack Award 2015 グランプリ (1/365) / 2015 年 11 月 30 日]
    2. 落合陽一, 熊谷幸汰 (共同作者名 : 星貴之, 長谷川智士, 早崎芳夫): Fairy Lights in Femtoseconds, アジアデジタルアート大賞 展覧会, 福岡アジア美術館, 2 月 25 日 - 3 月 1 日, 2016.
      [インタラクティブアート部門 優秀賞 (大賞に次ぐ 2 点が受賞) / 2015 年 11 月 27 日]
    3. 落合陽一: コロイドディスプレイ, Art, Media and I, Tokyo 2016 (AMIT 2016), 丸ビル, 2 月 28 日, 2016.
    4. 星貴之: DIY 音響浮揚装置, GUGEN 2015 展示会, 秋葉原コンベンションホール, 12 月 19 日, 2015.
    5. 星貴之: DIY 音響浮揚装置, GUGEN 2015, No. 099, 2015.
    6. 星貴之: 小型超音波集束装置, 講習会 触覚技術の基礎と応用, 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス, 11 月 27 日, 2015.
    7. 星貴之: 超音波およびレーザーの研究成果による 10 件の受賞, 名古屋工業大学職員褒賞授与式, 名古屋工業大学 本部棟, 11 月 24 日, 2015.
      [名古屋工業大学職員褒賞 優秀賞 / 2015 年 11 月 24 日]
    8. Yoichi Ochiai: From Pixels towards Pixies: Vision of Post Multimedia Interactions / Pixie Dust Technologies, The 2015 World Technology Summit and Awards, New York (USA), 19-20 Nov., 2015.
      [World Technology Award Winner / IT Hardware (1/20) / 20 Nov. 2015]
    9. (国) 京都大学 農業システム工学研究室, 名古屋工業大学, エスペックミック (株), 愛媛大学, ローム (株): 受粉作業の完全自動化が実現します!, アグリビジネス創出フェア 2015, 東京ビッグサイト, 10 月 18-20 日, 2015.
    10. Michinari Kono, Takayuki Hoshi, and Yasuaki Kakehi: Materia prima / Lapillus Bug, LABoral Centro de Arte y Creacion Industrial, Madrid (Spain), Nov., 2015 - May 2016.
    11. 星貴之: 超音波のちから 〜手で感じる、ものが浮く〜, サイエンスアゴラ 2015, Aa-010, 日本科学未来館, 11 月 13-15 日, 2015.
    12. レッドインパルス: 手のひらメッセージ, Mashup Battle 1stStage in 北陸, コワーキングスペース サンカク, 10 月 29 日, 2015. [レポート]
    13. 落合陽一, 熊谷幸汰, 星貴之, 長谷川智士, 早崎芳夫: 空中プラズマ触覚映像描画装置 [フェアリーライツ], グッドデザイン賞 受賞展 / グッドデザインエキシビション 2015 (G 展), 東京ミッドタウン, 10 月 30 日 - 11 月 4 日, 2015.
      [グッドデザイン賞 (1,337 / 3,658) / 2015 年 9 月 29 日]
    14. 筑波大学 デジタルネイチャーグループ, 宇都宮大学 早ア・長谷川研究室, 名古屋工業大学 星研究室: フェアリーライツ, デジタルコンテンツ EXPO, 日本科学未来館, 10 月 22-25 日, 2015.
      [経済産業省 Innovative Technologies 2015 採択 (20/69) / 2015 年 9 月 10 日]
    15. 名古屋工業大学 星研究室: 空中超音波集束装置, CEATEC JAPAN, 4N65-52, 幕張メッセ, 10 月 7-10 日, 2015.
    16. 独立行政法人 情報処理推進機構 (IPA): 落合陽一 / 三次元音響浮揚プロダクト Pixie Dust, CEATEC JAPAN, 4N61, 幕張メッセ, 10 月 7-10 日, 2015.
    17. Mashup Awards: MakersHub / 手のひらメッセージ, CEATEC JAPAN, 4N65-27, 幕張メッセ, 10 月 7-8 日, 2015.
    18. 星貴之: 素材提供 / 小型超音波集束装置, Shock-a-thon 2015 (触覚ハッカソン) Day2, 3, デジタルハリウッド大学 駿河台キャンパス, 10 月 3-4 日, 2015.
    19. 星貴之: 技術紹介 / 小型超音波集束装置, Shock-a-thon 2015 (触覚ハッカソン) Day1 アイディアソン, デジタルハリウッド大学 駿河台キャンパス, 9 月 23 日, 2015.
    20. Yoichi Ochiai: Anti-Gravity Soundscape, Ars Electronica Center Annual Exhibition, Linz (Austria), Oct., 2015 - Sept. 2016.
    21. University of Tsukuba Digital Nature Group: Colloidal Media Compositions / Anti-Gravity Soundscape, Ars Electronica Festival 2015 Knowledge Capital, Linz (Austria), 3-7 Sept., 2015.
    22. 星貴之: 超音波による空中触覚インタフェース, イノベーション・ジャパン 2015 〜大学見本市&ビジネスマッチング〜, M-26, 東京ビッグサイト, 8 月 27-28 日, 2015.
    23. 清水浩: 超音波授粉システムの開発, イノベーション・ジャパン 2015 〜大学見本市&ビジネスマッチング〜, M-45, 東京ビッグサイト, 8 月 27-28 日, 2015.
    24. 菊永和也: 目に見えない静電気を評価する技術, イノベーション・ジャパン 2015 〜大学見本市&ビジネスマッチング〜, ED-20, 東京ビッグサイト, 8 月 27-28 日, 2015.
    25. Pixie Dust Technologies, Inc.: Pixie Dust, DESIGN ENTREPRENEUR SHOWCASE, INTERSECT BY LEXUS - TOKYO, 6 月 16 日 - 7月 7 日, 2015.
    26. 落合陽一, 星貴之: ピクシーダスト, 第 11 回サムライベンチャーサミット, 日本マイクロソフト株式会社, 4 月 25 日, 2015.
    27. Yoichi Ochiai and Takayuki Hoshi: Pixie Dust, SLUSH ASIA, Tokyo (Japan), 24 Apr., 2015.
    28. Yoichi Ochiai and Takayuki Hoshi: Pixie Dust, South by Southwest (SXSW) Trade Show, Austin, Texas (USA), 15-18 Mar., 2015.
    29. Yoichi Ochiai and Takayuki Hoshi: Pixie Dust, TEDxUTokyo Exhibition, 東京大学 本郷キャンパス 工学部 2 号館, 1 月 10 日, 2015.
    30. Yoichi Ochiai and Takayuki Hoshi: Pixie Dust, Todai to Texas 2015, 東京大学 情報学環・福武ホール, 12 月 14 日, 2014.
      [SXSW 出展チーム選出 (5/12) / 2014 年 12 月 14 日]
    31. 落合陽一: 妖精の粉, Berlin x Tokyo, 六本木ヒルズ, 11 月 29-30 日, 2014.
    32. 星貴之: 小型超音波集束装置, 講習会 触覚技術の基礎と応用, 筑波, 11 月 18 日, 2014.
    33. 落合陽一, 星貴之, 暦本純一: 三次元音響浮揚による搬送法 [ピクシーダスト], グッドデザイン賞 受賞展 / グッドデザインエキシビション 2014 (G 展), 東京ミッドタウン, 10 月 31 日 - 11 月 4 日, 2014.
      [グッドデザイン賞 (1,258 / 3,601) / 2014 年 10 月 1 日]
    34. 東京大学 暦本研究室・落合陽一, 名古屋工業大学 星研究室: ピクシーダスト, デジタルコンテンツ EXPO, 日本科学未来館, 10 月 23-26 日, 2014.
      [経済産業省 Innovative Technologies 2014 採択 (20/53) / 2014 年 9 月 6 日]
      [経済産業省 Innovative Technologies 2014 特別賞 (Culture) (5/20) / 2014 年 10 月 23 日]
    35. 清水浩: 超音波受粉装置, 第 4 回おおた研究・開発フェア, 大田区産業プラザ PiO, 10 月 2-3 日, 2014.
    36. 筧康明研究室: lapillus bug, ICC OPEN SPACE 2014 / HABILITATE #02「Physical Digital」, 東京オペラシティタワー, 9 月 23 日 - 12 月 28 日, 2014.
    37. Michinari Kono, Takayuki Hoshi, and Yasuaki Kakehi: Lapillus Bug, Ars Electronica Center Annual Exhibition, Linz (Austria), Sept., 2014 - Oct. 2015.
    38. Michinari Kono, Takayuki Hoshi, and Yasuaki Kakehi: Lapillus Bug, Ars Electronica Festival 2014 Future Innovator Summit, Linz (Austria), 4-8 Sept., 2014.
    39. 星貴之: 音響浮遊装置, Ogaki Mini Maker Faire, ソフトピアジャパン・センタービル, 8 月 23-24 日, 2014.
    40. 星貴之: 素材提供 / 小型超音波集束装置, Shock-a-thon 2014 (触覚ハッカソン), 横浜みなとみらいセンタービル, 8 月 2-3 日, 2014.
    41. 京都大学, エスペックミック株式会社, 名古屋工業大学: 超音波受粉装置, 施設園芸・植物工場展, 東京ビッグサイト, 7 月 23-25 日, 2014.
    42. 星貴之: 技術展示 / 小型超音波集束装置, Shock-a-thon 2014 (触覚ハッカソン) 事前説明会, 横浜みなとみらいセンタービル, 7 月 6 日, 2014.
    43. 落合陽一, 星貴之: 三次元音響浮遊, 第 6 回ニコニコ学会βシンポジウム, NNG48 マッドネス総選挙, 幕張メッセ, 4 月 26-27 日, 2014. [ニコニコ生放送]
    44. 河野通就, 星貴之, 筧康明: lapillus bug, 文化庁メディア芸術祭 釧路展, 釧路芸術館, 2 月 26 日 - 3 月 9 日, 2014.
    45. 星貴之, 落合陽一: 超音波浮遊装置, デブサミ 2014 Day0 Featuring Tokyo MotionControl Network センサー&デバイス祭, 下目黒, 2 月 12 日, 2014.
    46. 河野通就, 星貴之, 筧康明: lapillus bug, 第 17 回文化庁メディア芸術祭, 国立新美術館, 2 月 5-16 日, 2014.
      [エンターテインメント部門 審査委員会推薦作品 (34/669) / 2013 年 12 月 5 日]
    47. 筧康明研究室: lapillus bug, JST-CREST×日本科学未来館研究棟 Open Lab 2013, 日本科学未来館, 12 月 14-15 日, 2013.
    48. 落合陽一, 星貴之: 宇宙世紀のためのコロイドディスプレイ, Gugen 2013, エントリー No. 184, 2013.
    49. 筧康明研究室: lapillus bug, 慶應義塾大学 SFC OPEN RESEARCH FORUM "創のbazaar", 東京ミッドタウン, 11 月 22-23 日, 2013.
    50. 清水浩: イチゴやトマトの果菜類を対象に超音波放射圧を利用した受粉を実現。全自動・無農薬栽培が可能に!, アグリビジネス創出フェア 2013, 東京ビッグサイト, 10 月 23-25 日, 2013.
    51. 菊永和也: 静電気を可視化する装置, イノベーション・ジャパン 2013 〜大学見本市&ビジネスマッチング〜, 東京ビッグサイト, 8 月 29-30 日, 2013.
    52. 河野通就, 筧康明, 星貴之: lapillus bug, 慶應義塾大学 SFC 筧 康明研究室展覧会 「Habilis 身体×物質×情報のシンカする関係」, ITOKI Tokyo Innovation Center SYNQA, 3 月 14-16 日, 2013.
    53. 河野通就, 筧康明, 星貴之: lapillus bug, XD Exhibition 2013, Catalyst BA, 2 月 23-24 日, 2013. [Ustream]
    54. 星貴之: 粘性流体を用いた集束超音波の可視化, KMD Reality Media オープンハウス / 道場破り, 慶應義塾大学 日吉キャンパス, 1 月 25 日, 2013.
    55. 星貴之: 集束超音波を使って触れずに押す, 電子工作フェスティバル 2012, 3331 Arts Chiyoda, 12 月 9 日, 2012. [Ustream]
    56. 星貴之: 集束超音波を使って触れずに押す, 電子工作コンテスト 2012, エントリー No. 163, 2012.
      [トランジスタ技術賞 (応募作品 176 件からスポンサー各社が 1 件ずつ選出) / 2012 年 12 月 9 日]
    57. Takayuki Hoshi: Compact Ultrasound Device for Noncontact Interaction, Exhibition and Workshop on Future of Media Art and Computer Entertainment, Kathmandu (Nepal), 2-3 Nov., 2012.
    58. 星貴之: 超音波による手掌部への非接触触覚提示, 講習会 触覚技術の基礎と応用, 名古屋工業大学, 7 月 20 日, 2012.
    59. 星貴之: 空中超音波による手掌部への触覚刺激, 日本基礎心理学会第 30 回大会 / 特別展示, 慶應義塾大学 日吉キャンパス, 12 月 3-4 日, 2011.
    60. 鳥越一平, 星貴之, 渡邊雅之: 音を利用した計測とヴァーチャルリアリティー, 熊本大学関西リエゾンオフィスセミナー, クリエイションコア東大阪, 3 月 26 日, 2011.
    61. 篠田裕之, 牧野泰才, 星貴之: 柔軟体デバイスによるインタラクション支援の研究 (二次元通信 & 空中超音波触覚ディスプレイ), 文部科学省情報爆発プロジェクト成果報告会 (H 20 年度), 一橋記念講堂, 1 月 20-21 日, 2009.
    62. 岩本貴之, 星貴之, 篠田裕之: 空中超音波触覚ディスプレイ, TECHTILE 展, 横浜・創造界隈 【ザイム】, 11 月 30 日 - 12 月 5 日, 2008.
    63. Kevin C. Kahn: Crossing the Chasm between Humans and Machines / Haptic Rendering with Ultrasound Phased Array (Invited Demonstrator: Takayuki Hoshi),
      Intel Developer Forum Taiwan 2008 (IDF Taiwan 2008), Research and Development Keynote, Taipei (Taiwan), 20-21 Oct., 2008. [Webcast (26:07 - 29:37)]
    64. 星貴之, 岩本貴之, 立薗真理, 高橋将文, 篠田裕之: 空中超音波触覚ディスプレイ, インタラクティブ東京 2008 出展作品紹介 DVD-ROM, 日本科学未来館, 9 月 13-14 日, 2008.
    65. 星貴之, 篠田裕之: 多様な触感を知覚する柔軟な触覚センサスキン, センサエキスポジャパン 2006 (計測自動制御学会 / 東京大学), 東京ビッグサイト, 4 月 5-7 日, 2006. [ポスター]

    寄稿

    1. 星貴之: 特集 聞くぅ〜♪最新サウンド技術 / 音の物理学の研究! 超音波で空中浮遊実験, Interface, 3 月号, pp. 73-78, 2014. [未編集原稿]
    2. 星貴之: わさびの辛味成分を利用した感動増幅の試み, あの人の研究論文集, vol.4, no.1, pp. 9-10, 2013. [査読あり]
    3. 星貴之: 第 17 回大会報告 / 座長からの報告 / 31D: 皮膚感覚ディスプレイ, 日本バーチャルリアリティ学会誌, vol. 17, no. 4, p. 43, 2012.
    4. 星貴之: 会議参加報告 / Haptics Symposium 2012, 日本バーチャルリアリティ学会誌, vol. 17, no. 2, p. 38, 2012.
    5. 星貴之: 特集 空中超音波の利用 1 / 空中超音波を利用した非接触触覚提示法, 超音波 TECHNO, vol. 23, no. 3, 5-6 月号, pp. 8-12, 2011.
    6. 星貴之: 会議参加報告 / SIGGRAPH 2008 〜 New Tech Demos 〜, 日本バーチャルリアリティ学会誌, vol. 13, no. 3, p. 41, 2008.

    メディア

    1. 井上猛雄: 【CEATEC 2015】非接触のフォースで空中グラフィックス……名古屋工大, RBB TODAY, 10 月 8 日, 2015.
    2. 村国哲也: 拓く研究人 / 触らずに超音波で力作用 / 星貴之, 日刊工業新聞, 8 月 5 日, 2015.
    3. 中尾吟: どこでもスクリーン 超音波で物質 空中固定、名工大など開発, 中日新聞 夕刊一面, 1 月 13 日, 2015.
    4. 天沢正裕: ラボ通信 / 超音波の力に可能性 / 星貴之, 読売新聞 中部版, 11 月 24 日, 2014.
    5. 第 3 回放送 / 星貴之, くらもといたるのいたらナイト (京都三条ラジオカフェ), 7 月 17 日放送, 2014. [YouTube]
    6. 山田: 音波で浮遊!?定常波で三次元移動, 名工大新聞, 4 月号, 2014.
    7. 大天才テレビジョン放送技術研究所 / 遠隔コミュニケーション, 大!天才てれびくん (NHK E テレ), 5 月 29 日放送, 2013.
    8. 超音波触覚ディスプレイによる手書き文字コミュニケーションシステム, DigInfo TV, 11 月 4 日, 2011. [Movie]
    9. 二次元通信シート & 空中超音波触覚ディスプレイ, 世の中進歩堂 (BS デジタル放送 BS JAPAN), 第 5 回, 11 月 2 日放送, 2008.

    10.  
    1. 彼らは既成概念をどう「ハック」したか? CREATIVE HACK AWARD 2015 全受賞作品, WIRED, 12 月 9 日, 2015.
    2. Kayla Matthews: What You Need to Know About Touchable Holograms, Gadget Flow, 8 Dec., 2015.
    3. Touchable holograms from Japan may change the way people use virtual reality, Latinos Health, 1 Dec., 2015.
    4. Lutfi Fauziah: Ilmuwan Jepang Ciptakan Hologram yang Bisa Disentuh dan Dimanipulasi, National Geographic Indonesia, 1 Dec., 2015.
    5. Betty Palmer: Beyond this hologram your dreams! You can touch it!, Albane Daily Star, 30 Nov., 2015.
    6. Peter Edwards: Japanese scientists create holograms you can reach out and touch, thestar.com, 30 Nov., 2015.
    7. Japanese scientists create touchable holograms, Reuters, 30 Nov., 2015.
    8. 石塚たけろう: 最優秀賞は「触っちゃダメ」!?落合陽一らが"触覚の可能性"を審査!ショッカソン2015, SENSORS, 11 月 11 日, 2015.
    9. Todo Arte - Proximas pequenas-grandes exposiciones en Madrid y Gijon / lapillus bug, ELCORSO.ES, 3 Nov., 2015.
    10. 3Ds and holograms and ultrasound? Oh my! / Pixie Dust Technologies, CNBC, 29 Oct., 2015.
    11. 淺野義弘: 新時代の触覚を開発せよ! ショッカソン2015潜入レポート, fabcross, 10 月 27 日, 2015.
    12. 萌えからIoT、そして人体HACKまで CEATEC2015レポート, Device Plus, 10 月 16 日, 2015.
    13. 大内孝子: ギュッと抱きしめてくれるぬいぐるみ、触るとガラスが割れる(?)ショーケース...ショッカソンが示す触覚デバイスの可能性, engadget, 10 月 16 日, 2015.
    14. 名古屋工業大学、イベントレジストのイノベーターたちが注目する市場・企業・人物とは?~CEATEC JAPAN 2015 レポート part2~, astavision, 10 月 15 日, 2015.
    15. 林佑樹: CEATEC JAPAN 2015まとめ。ゲームシーンに来てくれるかもしれない触覚技術などを,コンパニオンのおねーさんともども見てきた, 4Gamer.net, 10 月 13 日, 2015.
    16. "現代の魔法使い"落合陽一のフィロソフィー 【前編】最新作『Fairy Lights in Femtoseconds』と"メディアアート"の定義とは, SENSORS (日本テレビ), 10 月 10 日放送, 2015.
    17. 井芹昌信: 近未来が見える! −行けない人のための1分で巡るCEATEC 2015, OnDeck, 10 月 9 日, 2015.
    18. 谷口隆一: 指先で文字を読む、腕の筋肉でゲーム操作 大学やベンチャーの最新技術が並ぶ, 産経アプリスタ, 10 月 9 日, 2015.
    19. 井上猛雄: 【CEATEC 2015】非接触のフォースで空中グラフィックス……名古屋工大, RBB TODAY, 10 月 8 日, 2015.
    20. 劉尭: CEATEC JAPAN 2015レポート【センサー/部品/その他編】, PC Watch, 10 月 8 日, 2015.
    21. 株式会社スパイスボックス、触覚技術を使ったハッカソンイベント「ショッカソン」2015を開催。抱きつくクマ、触れる星座、頭を撫でてくれるヘルメットなど、13テーマのプロトタイプを発表。, PR TIMES, 10 月 8 日, 2015.
    22. 山崎晴貴: 新しい“触覚体験”をプロトタイピングする--「ショッカソン 2015」レポート, CNET, 10 月 8 日, 2015.
    23. 永沢茂: 「ショッカソン」今年も開催、触覚技術による「VRで女の子に歯磨きしたい」に続く伝説は生まれるか?, Internet Watch, 9 月 28 日, 2015.
    24. 株式会社スパイスボックス、 最先端の触覚技術でイノベーションを起こす場 「ショッカソン(Shock-a-thon:触覚ハッカソン)」2015を開催。, PR TIMES, 9 月 28 日, 2015.
    25. Jeremy Wagstaff: From pixels to pixies: the future of touch is sound, Reuters, 29 Sept., 2015.
    26. フォーブス ジャパン編集部: デザイン・アントレプレナーの時代がやってきた / Pixie Dust Technologies, Forbes Japan, 9 月 23 日, 2015.
    27. 西川善司: 空中に描かれた「触れる絵」やリアルな立体映像など,日本の研究者による展示をまとめたSIGGRAPH 2015のEmerging Technologiesレポート後編, 4Gamer.net, 9 月 7 日, 2015.
    28. H.M. Doss: Plasma Fairies: Femtosecond Laser Holograms, physics central, 18 Aug., 2015.
    29. 斎藤真琴: 「Fairy Lights in Femtoseconds」落合陽一さんインタビュー:「アートはもうテクノロジーでしかなくなる」, GIZMODO, 8 月 17 日, 2015.
    30. <未来技術> Fairy Lights in Femtoseconds, 月刊 I/O, 9 月号, 2015.
    31. 呉攀: 全息技術:用真実的幻覚召喚過去的幽霊, 雷鋒网, 14 Aug., 2015.
    32. Carl Engelking: Beyond Tupac, Can Hologram Concerts Take Off?, Discover Magazine, 13 Aug., 2015.
    33. 「音響場力学・超音波浮揚」市場とは?, astavision, 8 月 7 日, 2015.
    34. 村国哲也: 拓く研究人 / 触らずに超音波で力作用 / 星貴之, 日刊工業新聞, 8 月 5 日, 2015.
    35. Art Berman: "Fairy Lights" Holographic Display Under Development, Display Daily, 10 July, 2015.
    36. 加来秀一: YouTubeで50万回再生を超えた「Fairy Lights in Femtoseconds」は現代の魔法!?, FUTURUS, 7 月 7 日, 2015.
    37. 日本発:触れることができる、小さなプラズマ・ホログラム, WIRED, 7 月 7 日, 2015.
    38. 南青山・レクサス拠点で「デザイン×テクノロジー」プロダクト展 スマートウオッチなど / Pixie Dust, シブヤ経済新聞, 7 月 6 日, 2015.
    39. Sidhdharth: Japanese researchers touch holograms or Fairy Lights in Femtoseconds, Strews, 6 July, 2015.
    40. Dara Jegede: Experts create interactive 'fairy lights' graphics with laser beams, Output Magazine, 6 July, 2015.
    41. shingoogawa: 日本人が開発!「触れられる3D映像」が世界中で話題。空中に浮くキーボードやディスプレイが現実に・・・, TABI LAB, 7 月 6 日, 2015.
    42. Albert Ho: Touchable Floating Holographic Plasma 3D Fairy Lights Display, Virtual Reality Reporter, 6 July, 2015.
    43. Holograms You Can Touch Developed, 33rd Square, 5 July, 2015.
    44. K洞效應: 不光能看還能摸!《星球大戰》中的全息投影儀做出来了, geekview.cn, 4 July, 2015.
    45. Godefroy F: Et si vous introduisiez des hologrammes tactiles dans vos projets d'objets connectes ?, OBJECTCONNECTE.COM, 3 July, 2015.
    46. Monica Joshi: Touchable Holograms Coming to a Reality Near You, Big Think, 3 July, 2015.
    47. Daniel Culpan: You can actually touch these 3D holograms, WIRED.CO.UK, 3 July, 2015.
    48. Mariella Moon: Floating plasma display makes fairies a reality, engadget, 3 July, 2015.
    49. Drew Prindle: Crazy new tech projects touch-sensitive holograms into thin air with lasers, Digital Trends, 2 July, 2015.
    50. Ologrammi laser che si possono toccare realizzati da giapponesi, Cosmico, 2 July, 2015.
    51. Adario Strange: Researchers in Japan show off super fast laser holograms you can touch, Mashable, 2 July, 2015.
    52. Hologramas que se pueden tocar , ABC.es, 2 July, 2015.
    53. エスペックミック、京大・名古屋工大と人工授粉装置を開発へ−超音波の空気振動利用, 日刊工業新聞, 7 月 2 日, 2015.
    54. Alex Brook Lynn: These 3D Laser Projected "Fairy Lights" Can Save Lives, collectively, 1 July, 2015.
    55. Caroline Reid: Scientists Create Holograms that you can Touch, IFL Science, 1 July, 2015.
    56. Kelsey Campbell-Dollaghan: You Can Feel These Plasma Holograms Made With Femtosecond Lasers, GIZMODO, 1 July, 2015.
    57. Giulio Prisco: Fairy Lights: Hologram-Like 3D Images In The Air That You Can Touch, HACKED, 1 July, 2015.
    58. Dillan: 怪羅科普:可安全触摸的R酷3D激光全息圖, 怪羅天下, 1 July, 2015.
    59. miraiyoho: [Todai to Texas]SXSW2015における日本人の活躍(前編) / Pixie Dust, SXSW × 未来予報研究会, 6 月 30 日, 2015.
    60. В Японии научились делать осязаемые трехмерные изображения, N+1, 30 June, 2015.
    61. Renee Morad: Floating, Touchable 'Fairy Lights' Unveiled, Discovery News, 30 June, 2015.
    62. Don Melanson: Researchers' 'Fairy Lights' Promise Floating, Touchable Laser Displays, Tech Times, 29 June, 2015.
    63. Alvy: Campanilla ya existe, al menos en el laboratorio, microsiervos, 30 June, 2015.
    64. Krypton Radio: Fairy Lights and Holodecks, Krypton Radio, 30 June, 2015.
    65. David Nield: Researchers create holograms you can touch using high-powered lasers, Science alert, 30 June, 2015.
    66. Mary-Ann Russon: Touchable 3D holograms in daylight now possible using superfast femtosecond lasers, International Business Times, 30 June, 2015.
    67. Nancy Owano: Images in the air: Researchers turn to femtosecond lasers, Phys.org, 30 June, 2015.
    68. 海外「日本人は凄い!」日本人が実現したSF世界のテクノロジーに海外が大興奮, どんぐりこ, 6 月 30 日, 2015.
    69. キルロイ: 触れられる空中ディスプレイがスゴイ!!レーザーで空気をプラズマ化して表示!!, コモンポスト, 6 月 30 日, 2015.
    70. logs_mu: 妖精をレーザーによる空気のプラズマ化で空中に映してツンツン触れるようにした「Fairy Lights in Femtoseconds」, Gigazine, 6 月 30 日, 2015.
    71. Ittousai: 触れる空中ディスプレイFairy Lights in Femtoseconds発表、レーザーで空気をプラズマ化, engadget 日本版, 6 月 30 日, 2015.
    72. Don Melanson: Researchers' 'Fairy Lights' Promise Floating, Touchable Laser Displays, Tech Times, 29 June, 2015.
    73. Kyle Hill: The Future of Holograms are 3D Plasma Displays You can Touch, Nerdist, 29 June, 2015.
    74. Vaughn Highfield: Scientists develop incredible holograms you can touch, alphr, 29 June, 2015.
    75. Victoria Woollaston: The 3D holograms you can TOUCH: High-speed lasers create images that respond to strokes without burning the skin, Mail Online, 29 June, 2015.
    76. John Biggs: Researchers Use Femtosecond Lasers To Display Touchable Images In The Air, TechCrunch, 29 June, 2015.
    77. Fairy Lights Holographic Display, Stereoscopy News, 29 June, 2015.
    78. Ольга: Сверхбыстрый лазер создает ощутимые голограммы, infuture.ru, 28 June, 2015.
    79. Sushma Subramanian: Top five neat things I saw this week / Diminished Haptics, The Fifth Sense, June, 2015.
    80. Mark Bruce: Functional artificial neuron, Free-air holograms, Digital microfluidics, Nuclear spin computing, Ultra-high-res 3D prints / 4. Free-Air Holograms from Femtosecond Lasers, SciTech Digest A Top 10 selection of scientific and technological advances each week, 28 June, 2015.
    81. 光に触れると形が変わる「Fairy Lights in Femtoseconds」, LABO-EX, 6 月 27 日, 2015.
    82. Mike Murphy: Scientists have created 3D holograms that you can touch, Quarts, 27 June, 2015.
    83. Michael Byrne: Plasma-Based Midair Displays Are a Beautiful Techno-Future, Motherboard, 27 June, 2015.
    84. Jason Dorrier: This Touchable Midair 3D Laser Display Is Pretty Magical, SingularityHUB, 26 June, 2015.
    85. Touch This Hologram..Wow, Shocking Science, 26 June, 2015.
    86. Android: A superfast laser wants us to feel how it is to play a hologram, Cnn Hit New, 26 June, 2015.
    87. Dave Gershgorn: Superfast Lasers Create a Hologram You Can Touch, Popular Science, 26 June, 2015.
    88. 斎藤真琴: デジタルネイチャー時代の鬼才・落合陽一さんの新プロジェクト「Fairy Lights in Femtoseconds」がまさに魔法, GIZMODO, 6 月 26 日, 2015.
    89. Evan Ackerman: Femtosecond Lasers Create 3-D Midair Plasma Displays You Can Touch, IEEE Spectrum, 26 June, 2015.
    90. Johnny: Japanese Researchers Create Interactive Aerial Holograms Using Femtosecond Lasers, Spoon & Tamago, 25 June, 2015.
    91. Felix Knoke: Interaktives Hologramm schwebt in der Luft, Engadget DE, 24 June, 2015.
    92. 横田亮介: 落合陽一が語る: コンピュータデザインの未来とは / Pixie Dust & Fairy Lights, QREATORS, 6 月 24 日, 2015.
    93. フォーブス ジャパン編集部: デザイン×デジタルテクノロジーを体感できるイベント DESIGN ENTREPRENEUR SHOWCASEが青山で開催! / Pixie Dust, Forbes Japan, 6 月 13 日, 2015.
    94. Levitacion sonora, El Hormiguero 3.0 (Antena 3) (Spanish TV program), 9 June, 2015. [Full]
    95. 西川善司: 視線追跡機能付きVR HMDからAI搭載ミニ四駆まで。独創的な技術を持つベンチャー企業が集まる「Slush Asia」を見てきた / Pixie Dust, 4Gamer.net, 5 月 22 日, 2015.
    96. Dr Nicola Davies: Acoustic levitation - floating on air / 3D Acoustic Manipulation, Engineering and Technology Magazine, 18 May, 2015.
    97. ニッポンの天才を探す旅 / 落合陽一 (再放送), 1億人の大質問!?笑ってコラえて! (よみうりテレビ), 5 月 15 日放送, 2015.
    98. Mayumi Ishikawa: 現代の魔法使い、落合陽一氏が語るアートとテクノロジー #SlushAsia / Pixie Dust, THE BRIDGE, 4 月 24 日, 2015.
    99. 斎藤真琴: 「Pixie Dust」落合陽一さんインタビュー:IoTはもう古い。ポスト「モノ」時代の魔法とは?, GIZMODO, 4 月 20 日, 2015.
    100. Todai to Texas:日本のハードウェアスタートアップ、SXSWで喝采を浴びる(パート1) / Pixie Dust, THE BRIDGE, 3 月 27 日, 2015.
    101. Video of the Month - 3D Mid-Air Acoustic Manipulation, E-Tabs News, 26 Mar., 2015.
    102. J.T. Quigley: Todai to Texas: These Japanese hardware startups wowed the crowd at SXSW (part 1) / Pixie Dust, TECHINASIA, 24 Mar., 2015.
    103. いとうせいこう: 落合陽一×いとうせいこう 2035年の魔法世界/FUTURISTS, japan jikkan, 3 月 18 日, 2015.
    104. Adam Balkin: Technologies Showcased on South By Southwest Expo Floor / Pixie Dust Technologies, Time Warner Cable News NY1, 18 Mar., 2015.
    105. USA: Check out the latest hi-tech gadgets to hit SXSW, Ruptly TV, 17 Mar., 2015. [YouTube]
    106. Our team taking a first look at levitating particle technology and it's application for healthcare, Ogilvy CommonHealth Worldwide, 17 Mar., 2015.
    107. Rex St John: 5 Amazing IoT Demos from SXSW 2015 / #3 Ultrasound Levitation, Interl Software & Services, 15 Mar., 2015.
    108. MORESEVEN / 落合陽一 / 三次元音響浮遊, めざましテレビ (フジテレビ), 3 月 13 日放送, 2015.
    109. 急上 SHOW! パーソン / 落合陽一 / 三次元音響浮遊・コロイドディスプレイ・Diminished Haptics, メレンゲの気持ち (日本テレビ), 1 月 24 日放送, 2015.
    110. 大場あい: 「ナイスステップな研究者」, 毎日新聞, 1 月 15 日, 2015.
    111. miraiyoho: [Todai to Texas]SXSW2015に挑戦する日本のイノベーター達 / Pixie Dust, SXSW × 未来予報研究会, 1 月 14 日, 2015.
    112. 中尾吟: どこでもスクリーン 超音波で物質 空中固定、名工大など開発, 中日新聞 夕刊一面, 1 月 13 日, 2015.
    113. WHITE Hot Tech Trend Six 2015 新しいユーザー体験を生み出すキーテクノロジー / Pixie Dust & Graffiti Fur, WHITE, 1 月 6 日, 2015.
    114. ナイスステップな研究者選出 科学技術に貢献顕著 飛躍期待の10氏, 科学新聞, 1 月 1 日, 2015.
    115. NISTEP、今年注目の研究者10人を選定, 日刊工業新聞, 12 月 24 日, 2014.
    116. 盛田諒: 東大ベンチャー、空飛ぶロボットで世界へ フェノクス、IT企業の登竜門「サウス・バイ・サウスウエスト」出場決まる:TODAI TO TEXAS 2015 / ピクシーダスト, ASCII.jp, 12 月 15 日, 2014.
    117. 山崎潤一郎: ものになるモノ、ならないモノ(59): 「KMDの森」で触る、感じる、描くを体験してきた / Graffiti Fur, @IT, 12 月 4 日, 2014.
    118. 天沢正裕: ラボ通信 / 超音波の力に可能性 / 星貴之, 読売新聞 中部版, 11 月 24 日, 2014.
    119. KMD Forest / HMDで成層圏までジャンプ!慶応でユニーク技術の展示会 / Graffiti Fur, 産経アプリスタ, 11 月 24 日, 2014.
    120. 旬の美女とお勉強スペシャル! / Pixie Dust, 嵐にしやがれ (日本テレビ), 11 月 15 日放送, 2014.
    121. 物体を宙に浮遊させる「21世紀の魔法使い」落合陽一氏, SENSORS (日本テレビ), 11 月 1 日放送, 2014.
    122. 先端技術 名工大の研究成果を展示 / 小型超音波集束装置, ニュース UP (名古屋テレビ), 10 月 31 日放送, 2014.
    123. ニッポンの天才を探す旅 / 落合陽一, 1億人の大質問!?笑ってコラえて! (日本テレビ), 10 月 29 日放送, 2014.
    124. 森山和道: 森山和道の「ヒトと機械の境界面」 / 「デジタルコンテンツEXPO2014」レポート 〜変形ロボから空中触覚タッチパネルまで, PC Watch, 10 月 27 日, 2014.
    125. 「空中触覚タッチパネル」が2冠 DC EXPOでInnovative Technologies 2014特別賞発表, アニメ!アニメ!, 10 月 26 日, 2014.
    126. Shinichi Sekine: 舞い散る粉の空中スクリーン Pixie Dust 。音響場による物体浮揚技術で粒子をスクリーン化, engadget 日本版, 10 月 25 日, 2014.
    127. オスカー岡部: “デジタルコンテンツ EXPO 2014”ではSFの世界が現実のものに!最先端の技術とアイデアが結集した展示会をリポート, ファミ通.com, 10 月 24 日, 2014.
    128. 山川晶之: 勝率100%じゃんけんロボやVR聴診器など、最新デジタルコンテンツ技術が集結, INTERNET Watch, 10 月 23 日, 2014.
    129. logx_tm: 何もない空中に感触が生まれる「空中触覚タッチパネル」など超音波を使う装置いろいろ, Gigazine, 10 月 23 日, 2014.
    130. 中林暁: HMDやスマートグラス多数登場の「デジタルコンテンツEXPO」。VR美少女と生命を感じる, AV Watch, 10 月 23 日, 2014.
    131. ガチ鈴木: 最新ウェアラブルを体験 デジタルコンテンツ EXPO 2014が10/23から開催, 週刊アス PULS, 10 月 21 日, 2014.
    132. MORESEVEN / 杉浦裕太 / Graffiti Fur, めざましテレビ (フジテレビ), 10 月 14 日放送, 2014.
    133. 「2020年、何やってたら楽しそう!?」落合陽一氏と語る未来のクリエイティブ, エンジニア type, 9 月 30 日, 2014.
    134. トレンドたまご / グラフィティ ファー, ワールドビジネスサテライト (テレビ東京), 9 月 10 日放送, 2014.
    135. 筧康明: コンピュータグラフィクスとインタラクティブテクノロジーの国際会議「ACM SIGGRAPH2014」が開催, メディア芸術カレントコンテンツ, 9 月 3 日, 2014.
    136. 慶大、カーペットや服に文字・絵を表示できる描画装置開発−超音波で毛並み整形, 日刊工業新聞, 9 月 4 日, 2014.
    137. ついにCGはデジタル世界を抜けだした - リアルな物質を自在に操る、最先端CGのセカイ, logmi, 9 月 3 日, 2014.
    138. 西川善司: HDR表現が可能なレーザープロジェクタから超音波で毛皮に絵を描くシステムまで。SIGGRAPH 2014で見た斬新なディスプレイ技術, 4Gamer.net, 9 月 1 日, 2014.
    139. Kieron Monks: Can levitating appliances take off?, CNN, 29 Aug., 2014.
    140. Yuta Sugiura, dibujar sobre alfombras, Folio, 27 Aug., 2014.
    141. David Cohn: Wowing Them in Vancouver at SIGGRAPH 2014, Desktop Engineering, 26 Aug., 2014.
    142. Francois Castro Lara: Graffiti Fur : une machine qui permet de reproduire un dessin sur un tapis, Creapills, 25 Aug., 2014.
    143. Pinar: DIY Carpet Paintings Use Technology To Bring Art To Your Floors Without A Mess, Distractify, 23 Aug., 2014.
    144. Realiteti virtual do te behet edhe me i mahnitshem me keto teknologji, PCWorld, 23 Aug., 2014.
    145. Michael Cruickshank: Turn Your Carpet Into A Work Of Art, versus, 22 Aug., 2014.
    146. Drew Prindle: Graffiti Fur is a carpet printer that brushes giant pictures onto your rug, Digital Trends, 21 Aug., 2014.
    147. Alvy: Autenticos <> que levitan como formas 3D, Microsiervos, 21 Aug., 2014.
    148. Graffiti Fur zaubert Kunstwerke auf den Teppich, Ausgefallene-Ideen, 20 Aug., 2014.
    149. Graffiti Fur - Des etudiants inventent un gadget pour dessiner sur les tapis et moquettes, UFUNK, 20 Aug., 2014.
    150. Andrew Liszewski: This Clever Carpet "Printer" Brushes Pictures Onto Your Rugs, GIZMODO, 15 Aug., 2014.
    151. Matt Kieltyka: SIGGRAPH brings tomorrow's technology to Vancouver today / Pixie Dust, Metro News, 11 Aug., 2014.
    152. 根津禎: “ショッカソン”って何だ!?, 日経テクノロジー online, 8 月 5 日, 2014.
    153. 真鍋大度: NEXT GENIUS 明日の天才を探せ / 01 落合陽一, SWITCH, vol. 32, no. 8, 2014.
    154. SIGGRAPH 2014 RELEASES EMERGING TECHNOLOGIES PREVIEW, The Official SIGGRAPH 2014 Blog, 30 July, 2014.
    155. 浮屏幕, sina 新浪科技, 25 July, 2014.
    156. 齊藤美保: 百聞は一触にしかず 広がる「触覚」技術の世界 / 超音波で3次元空間に「触覚」を作る, 日経ビジネス, 7 月 22 日, 2014.
    157. 第 3 回放送 / 星貴之, くらもといたるのいたらナイト (京都三条ラジオカフェ), 7 月 17 日放送, 2014. [YouTube]
    158. Julien Happich: EUROHAPTICS 2014 / Augmented reality gets physical with haptics / Diminished Haptics, EETimes europe, July/Aug., 2014.
    159. 日本研究懸浮顯示技術:聲學勢場聚集粒子, sina 新浪香港, 14 July, 2014.
    160. Nobi Oda: "Digital-age Alchemist" Yoichi Ochiai Overwrites the World, IGNITiON, 7 July, 2014.
    161. Pixie Dust, iXBT.com, 7 July, 2014.
    162. Chris Davies: This incredible floating display belongs in a sci-fi movie, Slash Gear, 3 July, 2014.
    163. SIGGRAPH 2014 TECHNICAL PAPERS PREVIEW, The Official SIGGRAPH 2014 Blog, 2 July, 2014.
    164. 加来秀一: YouTubeで300万回再生「東大開発の新技術」がまるで魔法, FUTURUS, 6 月 30 日, 2014.
    165. 第 2 回 Futurista / 落合陽一, ズームイン!!サタデー (日本テレビ), 6 月 17 日放送, 2014.
    166. Ulla Karlsson-Ottosson: Ny 3d-teknik anvander svavande partiklar, Ny Teknik, 9 June, 2014.
    167. Pixie Dust, HOBOCTU, 4 June, 2014.
    168. Levitating particles could make up future TV screens, Business Standard, 1 June, 2014.
    169. Zeynel A. Ozturk: Tozu piksel olarak kullanan teknoloji!, Chip Online, 30 May, 2014.
    170. Elizabeth Kreft: Seeing Is Believing: Researchers Use Sound to Create Floating Particles, The Blaze, 30 May, 2014.
    171. Kyle VanHemert: A Crazy Levitating Display, Made With Particles and Projectors, Wired, 30 May, 2014.
    172. Levitating particles could make up TV screens of the future, Science Alert, 30 May, 2014.
    173. Pixie Dust, Daily Tech Info, 30 May, 2014.
    174. Dario Mastromattei: Polvere di pixel in grado di creare immagini nell'aria, TECNOYOUTH, 29 May, 2014.
    175. Hanghullamok segitsegevel hoz letre terbeli kepet a Pixie Dust kijelz, PC FORUM, 29 May, 2014.
    176. Andrew Liszewski: Esta tecnologia inacreditavel de tela usa particulas flutuantes como pixels, GIZMODO BRASIL, 28 May, 2014.
    177. ccoppola: La polvere di pixel che forma immagini e animazioni, nell'aria, GIZMODO DIGITAL LIFESTYLE, 28 May, 2014.
    178. Boris Houssou: Et si nos pixels communs etaient remplaces par des minuscules particules en levitation?, La Nouvelle Tribune, 27 May, 2014.
    179. Octavio Lopez: Pixie Dust Display es el futuro de las pantallas con hologramas, conectica, 27 May, 2014.
    180. Carlos Zahumenszky: Los pixeles de esta pantalla 3D son particulas que flotan en el aire, GIZMODO en Espanol, 27 May, 2014.
    181. Andrew Liszewski: Unbelievable Display Technology Uses Levitating Particles as Pixels, GIZMODO, 27 May, 2014.
    182. Jim Thacker: Videos: the best of Siggraph 2014's technical papers / Pixie Dust, cgchannel.com, 27 May, 2014.
    183. 月曜ニコラジ★メディアアーティスト「落合陽一」さん初生登場!, ニコニコ生放送, 5 月 12 日, 2014. (Diminished Haptics 動画初公開)
    184. Marc Abrahams: On the up and up: levitating particles & a frog, with sound & magnets, Impossible Research (イグ・ノーベル賞公式ブログ), 24 Apr., 2014.
    185. VIDEO. Levitation par ultrasons, Sciences et Avenir, 16 Apr., 2014.
    186. Video - Nouveau du 15/04/2014, Telematin (France2), 15 Apr., 2014. ※日本からは視聴不可
    187. Eliane Hong: [Laval Virtual] Les ondes acoustiques comme moyen de levitation d'objets en trois dimensions, L'Atelier, 14 Apr., 2014.
    188. Laval virtual : les innovations a la portee des curieux, Cote Laval, 13 Apr., 2014.
    189. Laval Virtual ouvre ses portes au public ce samedi / Magique, ouest france, _LVL10, 12-13 Apr., 2014.
    190. Aux rencontres de Laval Virtual, le virtuel n'a jamais ete aussi reel, Notre temps, 10 Apr., 2014.
    191. Jacques Cheminat: Laval Virtual 2014 : La realite virtuelle se democratise, les usages se developpent, Le Monde Informatique, 10 Apr., 2014.
    192. Laval Virtual 2014 | Japanese Fantasy en Pays de la Loire, Region Pays de la Loire, 10 Apr., 2014. [YouTube]
    193. Laval Virtual 2014 : 16eme edition, LaMayenneTV, 9 Apr., 2014. [YouTube]
    194. Laval Virtual : robots humains et levitation ! / Une experience de levitation, Cote Laval, 7 Apr., 2014.
    195. 山田: 音波で浮遊!?定常波で三次元移動, 名工大新聞, 4 月号, 2014.
    196. ホリエモンの春のVR/AR祭り@ロフトプラスワン (落合陽一, 藤井直敬, 伊藤周, GOROman, 白井暁彦), ニコニコ生放送, 3 月 31 日, 2014. (Pixie Dust 動画初公開)
    197. ソーシャルグッドな人 / 思い描く未来像は、ハリー・ポッター / 落合陽一, 朝日新聞, 3 月 31 日, 2014.
    198. T. Cotani, S. Eguchi: フィジカルワールドを変える!日本発のビッグアイデア25 / 落合陽一, WIRED, vol. 11, 3 月 10 日, p. 81, 2014.
    199. 岡田かや: 人乃声 / 落合陽一, 月刊ソトコト, no. 178, 4 月号, 2014.
    200. 野澤智: SF映画の光景が現実に!? 落合陽一&星貴之&暦本純一による三次元音響浮揚の共同研究「Three-Dimensional Mid-Air Acoustic Manipulation」, white-screen.jp, 2 月 27 日, 2014.
    201. 中西貴之: 音波浮揚, ヴォイニッチの科学書, Chapter-485, 2 月 22 日, 2014.
    202. 稲葉ほたて: YouTube270万再生の"空中浮遊"動画で話題――アーティスト落合陽一氏にインタビューしてみた, ほぼ日刊惑星開発委員会, vol. 013, 2 月 19 日, 2014.
    203. Andrew Grant: Levitating objects with sound, Science News, 18 Feb., 2014.
    204. ホリエモンが聞く。現代の魔法使い、落合陽一の目指す未来とは。, HORIEMON.COM, 2 月 14 日, 2014.
    205. 超音波でモノを浮かせ操る, 日本経済新聞, 2 月 10 日, 2014.
    206. 開放的な空間に様々な表現が混在 『文化庁メディア芸術祭』開催。, dacapo, 2 月 7 日, 2014.
    207. 岡田智博: 開催中! 第17回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展の見どころまとめ, 週刊アス PULS, 2 月 6 日, 2014.
    208. 世界初バブルなディスプレイ, ホントにすごい!日本の科学技術図鑑 (双葉社スーパームック), 2 月 6 日発売, 2014.
    209. 杉浦志保: 東京都・国立新美術館で「文化庁メディア芸術祭受賞作品展」が開幕, マイナビニュース, 2 月 5 日, 2014.
    210. Rob Muir: Engineers float new concept for acoustic levitation, Reuters, 31 Jan., 2014. [YouTube]
    211. 広田稔: 「中の人」特捜部 / 超常現象でも超能力でもない! 世界を震撼させた魔法の物体浮揚装置がスゴイ, 週刊アスキー, no. 965, 2014 年 2 月 11 日号, pp. 50-51, 2014.
    212. 西條鉄太郎: 「音の力でものが浮かぶ」装置を日本人マッドサイエンティストが開発し話題に, GIZMODO, 1 月 8 日, 2014.
    213. Dan Vergano: 物体の音波浮揚、3次元操作に成功, ナショナルジオグラフィック, 1 月 8 日, 2014. [Internet Archive]
    214. Kyle Vanhemert (翻訳: Tomoko Takahashi/Galileo): 3次元的に操作できる「音波浮揚」技術:東大が開発, Wired Japan, 1 月 7 日, 2014.
    215. Michael & Mami: 音波浮揚, バイリンガルニュース, 55, 1 月 6 日, 2014.
    216. Jon M. Chang: Levitation Doesn't Require Magic, Just Special Speakers, ABC News, 7 Jan., 2014.
    217. Philip Ross: Scientists Use Sound Waves To Suspend And Manipulate Objects In Midair, How Does 'Acoustic Levitation' Work?, International Business Times, 6 Jan., 2014.
    218. Dan Vergano: Scientists Move Levitating Objects Through Space for the First Time, National Geographic, 6 Jan., 2014.
    219. Kevin Van der Auwera: Video: geluidsgolven laten objecten in drie dimensies bewegen, datanews, 6 Jan., 2014.
    220. Rhett Allain: How Do You Levitate Things With Sound?, Wired, 6 Jan., 2014.
    221. Ryan Grenoble: 'Acoustic Levitation' VIDEO Makes Us Yearn For A Speaker Setup Like This, The Huffington Post, 5 June, 2014.
    222. Deborah Netburn: Watch! Small objects levitate, dance on sound waves you can't hear, Los Angeles Times, 4 Jan., 2014.
    223. Matthieu Mondoloni: Des scientifiques japonais font voler des objets grace au son, france info, 3 Jan., 2014.
    224. Evan Ackerman: Video of the Day: Acoustic levitation, DVICE, 3 June, 2014.
    225. キルロイ: 超音波で物体を浮かせる!!超音波フェーズドアレイを用いた三次元非接触操作技術がスゴイ!!, コモンポスト, 1 月 3 日, 2014.
    226. James Vincent: Watch this: Japanese scientists levitate and move objects around using just soundwaves, The Independent, 3 Jan., 2014.
    227. Japan: Scientists levitate objects with acoustic Magneto powers, Ruptly TV, 3 Jan., 2014.
    228. James Beattie: Acoustic Levitation: The Uplifting Power of Sound, CNSNews, 3 June, 2014.
    229. Sound wave 3Dvolution: Japanese scientists move objects using acoustic levitation, RT, 3 Jan., 2014.
    230. Ralphie Aversa: Japanese Scientists Levitate Objects with Sound, Yahoo! News, 3 Jan., 2014.
    231. Laura Vitto: Acoustic Levitation Is Science's Coolest Phenomenon, Mashable, 3 Jan., 2014.
    232. COODOO: 【移動の進化序曲】物体を音波で「3次元浮揚・空中制御」する映像を東京大学院生がYouTubeで公開、海外で話題に, DDN JAPAN, 1 月 2 日, 2014.
    233. Carlos Cardoso: Wingardium Leviosa - A Magia da Levitacao, via ciencia, MeioBit, 2 June, 2014.
    234. Sarah Griffiths: Could hoverboards be closer than we think? Researchers develop way to levitate objects in 3D space using sound, Mail Online, 2 Jan., 2014.
    235. Richard Gray: Acoustic levitation: how sound can get physical, The Telegraph, 2, Jan., 2014.
    236. Kyle Vanhemert: Whoa: Watch Scientists Use Sound Waves to Make Things Levitate, Wired, 2 Jan., 2014.
    237. Jon Fingas: Watch an ultrasonic array move objects in 3D space, engadget, 2 Jan., 2014.
    238. Jesus Diaz: Jedi scientists make things fly around in space using sound waves, SPLOID, 1 Jan., 2014.
    239. Christopher Jobson: One Step Closer to Hover Boards: Three-Dimensional Mid-Air Acoustic Manipulation, COLOSSAL, 1 Jan., 2014.
    240. Three-Dimensional Mid-Air Acoustic Manipulation, FunnyandSpicy, 1, June, 2014.
    241. 山本恵太: SFC ORF 2013 Report: 超音波で重力に挑む!黒い粒が空中浮遊するコバエアート「lapillus bug」, ねとらぼ, 11 月 25 日, 2013.
    242. 好評企画をもう一度 / 大天才テレビジョン放送技術研究所 / 遠隔コミュニケーション, 大!天才てれびくん (NHK E テレ), 8 月 14 日放送, 2013.
    243. 大天才テレビジョン放送技術研究所 / 遠隔コミュニケーション, 大!天才てれびくん (NHK E テレ), 5 月 29 日放送, 2013.
    244. Asia Tech Week / Bubble Screen, Daily Planet (Discovery Channel Canada), 14 May, 2013. [Movie]
    245. 高須正和: 人とコンピュータの未来 インタラクション2013レポート, ITmedia, 3 月 19 日, 2013.
    246. シバタススム: ユニークすぎるメカトロニクス機器が集結『電子工作フェスティバル2012』, 週刊アスキー PLUS, 12 月 11 日, 2012.
    247. 安藤: 研究室の旅 第 23 回 『佐野・田中・星研究室 (機能工学専攻)』, 名工大新聞, 7 月号, 2012.
    248. 超音波触覚ディスプレイによる手書き文字コミュニケーションシステム, DigInfo TV, 11 月 4 日, 2011. [Movie]
    249. Il rend les hologrammes palpables, Science & Vie Junior (a science magazine for teenagers in France), no. 245, p. 51, Feb., 2010.
    250. Getting Creative / Getting all touchy-feely, VISION magazine (published by an educational charity based in the UK), issue 10, p. 22, Jan.-June, 2010.
    251. Techno-LOG, Galileo Magazine (a Hebrew-language popular science magazine publised in Israel), no. 134, p. 62-63, Oct., 2009.
    252. David Colker: A peek into the future / Touchable holograms, Brand X (Los Angeles Times), vol. 1, no. 26, pp. 14-16, 30 Sept., 2009.
    253. Chris Meyers: Japan scientists create 3-D images you can touch, Reuters, 16 Sept., 2009. [NTDTV on YouTube]
    254. 野澤哲生: NE レポート / 3D 映像に「触れる」技術が登場 超音波のレンズで手を追跡, 日経エレクトロニクス, no. 1012, 9 月 7 日号, pp. 12-13, 2009.
    255. Touchable holography becomes a reality, AFP-Relaxnews (an internatinal leisure newswire based in France), 16 Aug., 2009.
    256. 目指せ!明日のヒット商品 消費を生む先端技術 / 本物感の究極形? ``触れる'' 映像, 日経トレンディ, no. 288, 3 月号, pp. 112-113, 2009.
    257. 大学で何を学び何を得るのか。 やりたい学問新発見! 〜知覚・感覚工学編〜, 東進タイムズ, 1 月 15 日号, 2009.
    258. 畑陽一郎: New Technology 超音波を使った触覚ディスプレイ、夢は空気ステアリング, EETimes Japan, 12 月号, p. 14, 2008.
    259. 東大最前線 / 超音波で触覚生む 篠田裕之准教授, 東京大学新聞, 11 月 25 日号, 第 2 面, 2008.
    260. Jean Paul Keulen: Geluidgolven Maken Games Tastbaar, KIJK (a science magazine in Netherlands), p. 10, Nov., 2008.
    261. 二次元通信シート & 空中超音波触覚ディスプレイ, 世の中進歩堂 (BS デジタル放送 BS JAPAN), 第 5 回, 11 月 2 日放送, 2008.
    262. 加藤肇: こんなにスゴイ!超音波グッズ / ``見えない物体'' に触れられるゲームが実現するかも!?, 週刊アスキー, no. 707, 10 月 21 日号, p. 133, 2008.
    263. Technology / Ultrasound to Give Feel to Games, BBC News, 2 Sept., 2008.
    264. 関敦子: 特集 触覚とは何か? / 「通信する人工皮膚」の可能性を探る, ネイチャーインタフェイス, no. 36, 12 月号, pp. 17-19, 2007.

    学位論文

    博士論文 : 三次元形状計測シートにおける立体再構成法の研究 (2008)

    修士論文 : 非線形弾性を利用する触覚センシング (2005) 【紹介ページ】

    卒業論文 : 把持型力覚提示装置を用いた視触覚融合の研究 (2003)



    Takayuki Hoshi: star(at)nitech.ac.jp